読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

今日のお花 〜枝の構成〜

生け花

 前回のお稽古で使わなかったJBの枝。持って帰るのも面倒だったので先生のお宅に置いてきたのですが、先生が枝をちゃんと水に入れ、しっかりと管理していてくださいました。

 今日はそのアカシアを使ったお花です。


花材

  • アカシアの枝
  • フラックス(ニューサイラン)
  • カラー(Green Goddess)

 
 アカシアの枝はキコキコと曲がったところが面白いのですが、1本で使うにはかなり大きな枝だったので小さい枝を落して分解し、それをワイヤでつなげて形を作っています。そこにお稽古仲間のKEIさんからもらったフラックスをからめ、花はフラックスと同じ色のカラーを小さく1本入れました。かなり地味な色目ながら、けっこう大きなお花ができたと、ちょっと悦に入っております。


 枝をつなげる作業をするときは、どういうでき上がりにしようとかあらかじめ考えたりはせずに、テキトーな枝をテキトーにつなげて、できあがったテキトーなかたちを花器に合わせてみる……となんとなくうまくいってしまうものだ……というのが先生のアドバイス。


 これは草月流のやり方なのか、それともニュージーランド流のやり方なのか……?


       あえて訊かないことにしました。