読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

11年目のニュージーランド 〜その4:終りよければ〜

旅行

 3泊4日のノースランド旅行もあっという間に最終日。


 今日は帰り道にワイエラ(Waiwera)のプールに寄って、夕飯はブラウンズベイの宝らーめんという予定なので、朝は早めにチェックアウトして、ひたすらオークランドを目指して南下します。


 途中、ケリケリ(Kerikeri)の町にあるカレイドスコープ(万華鏡)の工房に寄りました。

      


 ここで作った万華鏡が我が家にも一つあります。本体の筒の部分はカウリ製、先端のオブジェクト(具ともいうようです)は画鋲やペーパークリップなどが入っているのですが、覗いてみると「うわぁ〜っ」と思わず声をあげてしまうほど不思議な世界が見えます。



 この工房にはそうした小型のものから「これが万華鏡?」というような大型なものまで、とてもおもしろいものが置いてあります。


      

 これはオブジェクトの部分が2枚のステンドグラス。ハンドルを回してこの2枚のガラスを回転させ、太陽に向かって覗いてみると、きらきらと光ってそれはそれはきれいで、しかもなんとも不思議な絵が見られます。


      

 これも万華鏡。カメの水に浮かべた花が水の流れでクルクルと回っています。それだけでも十分きれいなのに、鏡を仕込んだ筒を通してその回転する花を覗いてみると、これまた摩訶不思議な美しさ。



 もっとずっと遊んでいたかったのですが、時間があまりないので心残りながらも出発。


 途中で車のエアコンが故障するといううれしくないハプニングが。窓を開けると風の音がうるさいとJBが言うため、炎天下の中、窓を閉め切って車は蒸しぶろ状態。全員不機嫌に黙り込み、ひたすらオークランドを目指します。


 考えることはただひとつ

        あぁ〜 早くプールに入りた〜い 


 3時半過ぎにようやくワイエラに到着しましたが……


 忘れてましたねぇ、ここは



         温泉のプール


    そう、あったかいんです、プールのお水が。


 日本人の私は温泉につかる気分で、水温38度のプールで汗を流しました(?)が、冷たいプールで汗を鎮めるつもりだった娘達はおおむくれ。


 30分もしないうちに「帰ろ〜」
 困ったもんです。


 それでも、プールの後で食べたラーメンはやっぱりとってもおいしくて、蒸し風呂の車も、涼めなかったプールも、すっかり忘れて家族全員満足、満足。


 終りよければすべてよし。


 宝らーめんのおかげでした。