読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

Break a Leg!

 長女は、新学期が始まってすぐに


     スクールミュージカルのオーデションを受ける

 
と言い出しました。



 長女の学校は演劇やダンスなどのパフォーミングアートに力を入れていることで有名で、ドラマを学ぶコースもあります。



 1年に一度、生徒たちだけで上演されるミュージカルもかなり本格的なもののようです。



 長女もドラマを演じるのは好きで、ドラマコースの学生ではありませんが、授業ではドラマの科目を選択しています。



 ミュージカルのオーデションはドラマコースの生徒でなくても希望者は誰でも参加できるということで、以前からやってみたいとずっと思っていたようです。



 卒業まであと2年となって、やっと勇気を出してオーデションを受けようという気持ちになった様子。



 私は、演技はともかく歌はどうするの? と少々心配でしたが、結局、ちいさいながらも役をもらい、長女はミュージカルプロジェクトにどっぷりとつかることになりました。



 稽古は、平日が授業が終わってから6時くらいまで、週末も朝から夕方までと、かなりハードなスケジュール。



 3月には1週間もの合宿までありました。



 親としては、学校の授業のほうは大丈夫なのだろうかと気になりましたが、長女はミュージカルのプロジェクトを通じて新しい友だちもでき、何よりも、好きなことを思い切りできるという楽しさでいっぱいだったようで、稽古も休むことなく熱心にやっていました。



 そしてついに今日が本番初日。



 授業が終わった後、そのまま学校に残って7時半からの公演に備えます。


 
 朝、学校に送って行ったときに「がんばってね」と言ったら照れたように笑っていました。



 こういうとき、英語では
 

         Break a leg!



 と言うようです。これからステージに出る人に向かって「脚を折れ」とは変な言い方ですが、これが「頑張ってね」、「うまくいくように祈っているよ」みたいな意味になるそうです。


  

 長女の初舞台、せいぜい「脚を折って」欲しいと思っています。