読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

今日のお花 〜上からの視線を考える〜

 草月展が終わってホッと一息。



 正直なところ、お花のお稽古もしばらくはお休みにしたい気分なのですが、



 今日は月に一度のワークショップ



 ここで活けるお花にはあらかじめ決められたテーマが決められています。



 自分が活けようと考えるお花に合わせて



 花器や花材をそろえておかなければなりません。



 う〜ん……



       ちょっとメンドウ……



 でも、メンバーのほとんどは私のように定期的にお花のお稽古には行っておらず、



 月に1度のこのワークショップが唯一のお稽古の場という人も多くて



         みんなけっこう


            リキ


          が入ってます。


 そういう中で、ひとりいい加減なお花など活けてしまえば


       
          とんでもなく目立ちます……
 


 そんなわけで、ついつい頑張ってしまう単純な私



 今日のテーマは


    植物を編む
    剣山を使わずに水盤に活ける
    上からの視線を考えて活ける


 という3つのテーマをひとつのお花に取り込むというややこしいもの。



 「剣山を使わずに活ける」というのは難しくて、いつも避けてきたテーマだし、


 「上からの視線」というのも新しいテーマであまり活けたことがありません。



         あぁ……とため息


    先生のお手本を参考にしつつ


      



    まわりの人の作品もさりげなく横目で見つつ


         でき上がったのがこれ


      


   このツルはもちろん草月展で使ったものの再利用ですよ〜
      (そのあたりはしっかりしてます、私)