読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

ロトルア2011 〜お食事編〜

  旅行へでかける目的のひとつは
 


         脱日常!



 
  毎日の家事全般をひとりで担当する立場にある者(つまりわたしでありますが)にとっては




 食事の支度や後片付けをしないでいいというだけで



       それは もう 脱日常!





 ニュージーランドである以上




 料理の質も
 サービスの質も …………  ハズレ




  というレストランやカフェに当たってしまう確率が高いのは




  旅先でも同じですが




 最近は 当たりとは言えないまでも
 まずまずのお店が増えてきたような……



  と思うのは




  10年もこの国に住んでいて
  わたしの味覚もこの国並みになってしまったということなのか……




      ロトルア初日の夕ご飯はカレーでした。




 ロトルアにはインド料理店が3軒ありますが、
 わたしたち家族がロトルアに来るたびに行くのはなぜかこの店


    




 ホウレン草とフェタチーズのカレーにするか、迷った末にわたしはひよこ豆のカレーを注文


   




 中辛にしてね、と言ったのにけっこう辛かった。




     次女のカレーはチキン・コーマ


   



 比較的甘めのカレーですが、それでも次女には辛かったよう。




 でも、ニュージーランドのカレーによくあるようなバカアマのカレーでなかったのは評価できるかも。




 翌日の朝食はホテルのビュッフェ。



 
 天井の高い気持ちのいいレストランでした。

      



 次女は果物がたくさん食べられるかな、と楽しみにしていたのですが、
 沢山並んでいたフルーツはすべて缶詰のもの。



        がっかり  



 これで25ドルはちょっと……ねぇ、という感じの朝食でした。




    2日目の夕飯は、迷った末にここに決めました。

   


       ちょっとおしゃれなデリ・カフェ



 
 7時に予約を入れておいたら
 暖炉に一番近い席を用意しておいてくれ、次女には塗り絵セットのプレゼント。
 11歳の次女は塗り絵はもう卒業しちゃってますけどね
  (と思ったら、けっこう楽しんでましたが)




 その次女はキッズ・メニューのハンバーガーを注文

   



 たっぷりのポテトが添えられていて、子供メニューとは思えないボリューム





 長女のはスモークサーモンと海老のパスタ

  





 わたしとJBはシーフード・チャウダーを注文し

 
   


 
 マッスル(ムール貝)のオーブン焼きを分っこして食べました。

  




 マッスルがとてもおいしかったので、家でも真似できないかと考えているところ。



 このお店は全体的にまずまずだったかな。




 「この次」がありそうな気がします。




 さて、最終日はチェックアウト時間が12時だったので、全員が午前中をウダウダとホテルの部屋で過ごし





 朝食を食べたホテルのレストランでランチを取りました。




 初日のチーズケーキから始まって、この旅行中は乳製品をたっぷり食べてしまった(血圧、コレステロールともに高めの)わたしは、少し反省してロースト野菜のトーストサンドイッチ。

  




 長女の超高層チキンサンドイッチ

  




 次女はここでもキッズメニューから選びましたが、アイスクリームとソフトドリンク付きの豪華メニュー

  


 



 旅行中はカロリーたっぷりの食事を楽しみ、帰宅してみれば、このところのエクササイズが効いたか、少し減り気味だった体重が、しっかり元に戻っておりました。



 脱日常が終わって日常に戻り、体重も戻り……



 さぁ、また家事とエクササイズの毎日ですなぁ。