読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

タートルネック

 風邪、ひきました。



 冬真っ只中のオークランド
 わたしのまわりにも風邪ひきさんは多いのですが



 今年の風邪はその「ひつこさ」が特徴のようで




 我が家でも



 長女は、もうちょっとというところでなかなか完治まで到達せず、2ヶ月目に突入。



 ロトルア滞在中に発症したJBもまだゴホゴホと咳がとまらず、



 一番軽症の次女はきょうでちょうど1週間です。



 そしてわたしもついにきのうから風邪の症状が出てきてしまいました。





 幸いなことに熱や関節の痛みなど、ひどい症状はなく




 コンコンという軽い(でもしつこい)咳きと
 鼻水、はなづまり、
 それから、飛行機が着陸するときみたいな、耳の奥がキーンとなる感じ



  
 朝の気分は最悪で



    ア〜ッ!!! このままずっと寝ていたいッ!!!



 と思うのですが、



 なんとか起き上がってしまえば、体は思ったよりシャキシャキと動きます。




 ニュージーランドでは
 ちょっとやそっとの風邪では医者などにかかりません。




 そうとうの高熱で意識がない、とかいう重症でない限りは
 医者も何もしてくれません。




          ホントになんにも




 注射もしれくれないし、
 薬も処方してくれない。



 日本のお医者さんがよくやるような
 「はい、裸になってぇ〜」の聴診器での診察もない。



 それどころか、
 風邪がはやっているときは
 待合室で他の風邪をもらったりすることもあるから


 風邪をひいたら病院などに来ないで家で安静にしていなさい

 

 と言われるンです。いや、マジで。



 それでいて「診察代」はしっかり取られます。
 日本のような健康保険はないから、ずべて実費。
 10分くらい話を聞いてもらって、それで40ドル、50ドル取られるんだから



 言われなくったって、風邪くらいじゃあ病院にはいきません。




 とは言え、このまま症状が悪化せずに治ってくれるように、自分でも気をつけなければ。



 と、いうことで、タートルネックのセーターを着ることにしました。




 首が締め付けられるような感じがするので
 タートルネックは、実は苦手。


 
 Tシャツも胸の開きは大きいほうが好き
 (襟ぐりが小さいと肩が凝るような気がして)



 でも、2、3日前に、胸の辺りが妙にスースーと寒くなって、不安な感じがして、思えばあれが風邪の症状の出初めだったのかも。




 そこで胸元をしっかり隠して暖めようと、
 10何年も前に買ってほとんど着ていなかったタートルネックのコットンセーターを引き出しの奥から見つけ出してきました。




       んー、
       やっぱり首が苦しい。
 



 でも、暖かいのも確か。



 しばらくはこれでいくかなぁ、 
 でも首が窮屈だなぁ……