読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

タニタさま

1月の日本旅行の目的のひとつに買い物があって
母娘三人で、そりゃあいろいろなものを買い込みましたが




           その買い物のひとつがこれ


           
                 

タニタの体重計




いや、正しくは体組成計というらしい。
体重だけでなく、体脂肪や筋肉量も計れちゃう。
体内年齢なんてのも表示される。




体重計に乗るだけで、なんで体の年齢まで分かるの?
と次女は不思議そう
実はわたしもこの機械のメカニズムは理解しておりませんが
ただ乗るだけで、ピッピッという音と共に
100グラム単位で体重を表示してくれるこの機械、
大変重宝しております。




これまで使用していた体重計は
ニュージーランドで購入したごく普通のデジタル体重計でしたが
電池の消耗がやたらと激しいのと
200グラム単位の表示では物足りなかったのと



二人続けて体重を計ろうとすると
それがJBと長女でも同じ数字が出てくるという
(ひじょうにニュージーランド製らしい)いい加減なヤツだったのとが
不満で「日本製に買い換えよう!」とずっと思っていました。




家電量販店に行って
製品の種類の多さにクラクラきましたが、
タニタ製だけでなく、どれも小さく、軽く、それでいて性能がいいのにびっくり



            日本はすごい!




しかも、この体組成計を使い始めて
以前使っていた体重計の数字が、
実際より約1キロ少なく表示されていたことが判明




自分で思っていたのより実際は1キロも体重が多かったんだなんて
ちょっと腹立ちますよ〜。
「理想体重まであと3キロ」だったのが「あと4キロ」になっちゃったんだから。
(理想体重までかなり遠いということには変わりないけど)




そこで、
日本で買ってきたもうひとつの「タニタ」の活躍となります。


          

            タニタ食堂

        




合計カロリーが500カロリー以内とは思えない
おいしそうなレシピが一杯です。








全体的に薄味の味付けになっているのも
血圧に気をつけなくてはならないわたしにはうれしいところ




ただ、そのせいで、使う調味料の分量がとても少なく、
計量がけっこう面倒ということがちょっと不満ですけど
これまでみたいに油やおしょうゆを
目分量でドボドボ入れていては
いつまでたっても「理想体重」には届かないのでしょう。




減量を目指しているのはわたしとJBだけで
二人の娘は育ち盛りなので
むしろたくさん食べて欲しいくらい




4人の食事を二人分ずつに分けて作るのは面倒なのですが
娘たち用には別にもう1、2品を余分に作ることにして





ふたつのタニタさまに助けてもらって




Healthy Life(ここは日本語風に「へるしーらいふ」と発音したいところ)を
目指しましょう。




まだまだやりたいことがたくさんあるので
長生きをしたいんです。