読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

猫対策

ガーデニング

きのうはローズガーデンから戻ってから
意を決してガーデニングにかかりました。



何しろ前回に庭仕事をしたのがいつだったのか
まったく思いだせないほど、放っておいた庭



草が元気よく伸びている上に
最近は近所の猫たちがこぞってトイレ代わりにしているらしく
庭に出るとそこはかとなく漂ってくるうれしくない香り……



チューリップの球根だって植え時をしっかり過ぎているのに
お天気や体調や、さまざまな言い訳を自分に繰り返し
ずっとサボってきたガーデニング、もうこれ以上は延ばせない。



最近は雨が多いせいで土が柔らかくなっていて
草が抜きやすくなっているので
ガーデニング用の手袋がしっとりと濡れてしまうのは
気分がよくないけど、作業はしやすい。



小さいシャベルで土を掘り起こしながら草を抜き
あちこちから出てくる猫ちゃんの「落し物」を処分し



やっとなんとかチューリップの球根も植え終わりました。



フィジョアのアポロ君の根元には水仙も植えてあり
そろそろ芽が出ていてもいい頃なのですが
草に覆われていて分からない。




大量の雑草を取り除いたら
やっぱりちゃんと芽が出始めていました。
でも、草のせいで日当たりが悪かったのか
芽が緑ではなく白くなっている……



これからはしっかり太陽を浴びてください。



さて、
チューリップを植え終わった次に考えなくてはならないのは



             猫対策




近所の猫が我が家の庭にやってくるのは一向に構わないのですが
その目的がトイレではちょっとね……
(エサがもらえないんだから他になんの用があるのだ、という猫の声が聞こえてきそうではありますが)




せっかく植えたチューリップを
猫の作業中(?)に掘り起こされてしまっては困ります。




考えた末に
生け花で使った木の枝を短く切り、
チューリップを植えたあたりにいっぱい挿してみました。


       
  






こういう「得体のしれないもの」がたくさんあるところでは
猫もちょっと躊躇するのではないかと
わたしが勝手に考えただけで
効果があるかどうかはまったく未知。


         
  





かなり不細工でお間抜けな光景ではありますが
これで猫たちが遠慮してくれるのなら
チューリップが葉をしっかり出してくれるころまでは
このままにしておこうと思うのですが



どうでしょうねぇ……?