読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

スクールボール

娘たち・子育て

昨夜は長女の学校のスクールボールでした。



ボールと言っても球技にはなんの関係もなく



学校主催のダンスパーティのこと。



アメリカでプロムと呼ばれているものに近いです。



ニュージーランドのカレッジ(日本の高校に当たるでしょうか)は
Year 9から Year 13までの5年間ですが
ボールに参加できるのは上級生のYear 12とYear 13の生徒だけ。



年に一度のことですから
女の子も男の子もめいっぱいおしゃれして楽しみます。




長女も友人と一緒にボール用のドレスを買いに出かけ
青いミニドレスを買ってきました。




学校行事と行ってもフォーマルなダンスパーティなので
ドレスはボールガウンと呼ばれる床までの丈の長いパーティドレスを着るのが正式らしく、
ン百ドルもする豪華なドレスを買ったり
テーラーメイドであつらえたりする女の子も少なくないようです。




そうした中で娘が選んできたドレスは
値札を見て思わずわたしが「安いっ!」と叫んでしまったほどのもの
「滅多に着る機会もないようなパーティドレスを高いお金を出して買うなんてもったいない」と
着回しのきくミニドレスを買った娘はやっぱりJBの娘です。




さすがにJBも不憫に思ったのか(?)
ヘアメイクはプロに頼んでもいいと言うので




わたしがいつもヘアカットをお願いしている日本人美容師のアイさんに
お願いして、髪をセットをしてもらいました。



     アイさんにドレスの写真を見てもらい
     どんなヘアスタイルにするか、相談


  



  




普段私はアイさんの自宅で髪を切ってもらっているので
久しぶりの美容院が珍しくって、ついキョロキョロ。



 
  

  


  





最近の美容院はおしゃれで豪華
わたしはコーヒー、長女はオレンジジュースをいただいちゃいました。
頼めばワインも出てくるらしい。




そうこうしているうちにパーティ用のヘアスタイルが
どんどんでき上がっていきます。



     




           これでほぼ完成



     



      ナチュラルないい感じに仕上がったと思います。




そして、
ドレスを着て、アクセサリーをつけた完成図(?)がこちら



     





パーティー会場まで送っていくと
長いドレスを着てきらびやかに着飾った女の子たちがたくさんいましたが
なんてったって、わが娘が一番。



親の欲目?



いえいえ、あの子はホントーに可愛いのよ。