読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

南雲式とロングブレス

美容・健康

「アンチエイジング」とか「美活」とかいったものは
女性だけのものと思っておりましたら
最近はそういったことにいそしむ男性も増えているのだそうですね。




知人から譲り受けた何冊かの雑誌『アエラ』
そのうちの一冊に特集が組まれていました。




その中で興味をひかれたのが
美木良介さんのロングブレスと南雲式



数日前に
『Accidentally Overweight』という
思わずぎくりとなるタイトルの本を読んでいる友人が
内容についていろいろ語ってくれたのですが


 


この本の著者であるDr Libby Weaverは
ダイエットでの「呼吸の重要性」を強調しているそうで
(ヨガでも呼吸はとても重要なものと位置付けられていますが)
そこから「美木良介のロングブレス!」へと話が流れていきました。






その時はまだ『アエラ』を読む前だったので
昔NHKの朝ドラに出ていた俳優さんとダイエットとが結びつかず





さらに、8月に里帰りした友人が
「実家の母親が雑談の途中で突然、ひゅ〜っと息を吸って、吐いて〜というのを、大汗かきながら始めたので仰天した」
という話になって





いったい、あの俳優さんに何が起こったのだ? と訝しんでおりました。





『アエラ』を読んでさらに興味が高まり
ついでに、「南雲式」というのは初耳だったので
このふたつをネットで検索してみました。




ロングブレスについて美木良介さんが語っていることには
非常に納得できました。




スポーツジムでエアロビクスやバーベルを使った筋トレなどをするようになり
こうしたエクササイズでの基本の立ち位置で
腹筋が非常に重要なことを、最近になってやっと認識し始めたところです。





エクササイズを始める前に
必ずインストラクターが基本のポーズを説明するのですが
ただお腹を引っ込めるだけでなく、お尻をキュッと締めないと
基本のポーズがとれません。





それが、美木さんが言っている「お尻にえくぼ」のポーズのようです。




で、このポーズ、ただ立っているだけでけっこうきついんですよ。
この上に「お腹を引っ込めたまま」長〜い呼吸なんかすれば
そりゃあ、友だちのお母さんにみたいに大汗もかきますわな、
毎日続けたら、腹筋も割れますわな……と納得。





さて、初耳だった「南雲式」
ネットで、実践しているという人が結構いるのを知ってびっくり。




1日1食って、腹6分目って……
それを続ける意志の強さを持っている人なら
もう世の中、何があったって生きていけるじゃないかしらん
(ダイエットなんて、小せぇ、小せぇ……)
と、思ってしまった。





南雲式を信奉している人は、男性が多いような気がしましたが
男っぽいダイエット法なのでしょうかね?




南雲医師はどうやらわたしと同い年のようで(同級生だ!)
それを考えるとあの若々しい顔つきには驚愕しますが




そりゃわたしだって若く見られたほうがうれしいですけど




南雲式を実行できるだけの意志は持ち合わせておりませんなぁ
(豆腐のような根性なもんで)




おいしいものを食べる楽しみも我慢して
一日中空腹と闘って
それでなんの人生だー!!




……と体重計に乗るたびに複雑な気分になる日々ではありますが。