読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

クロークがいっぱい

JBの大学卒業式に参列してきました。




まずは、朝7時半からの朝食会。




大学構内に設えられた巨大なテントの中に
今日卒業式を迎える学生たちとその友人や家族が集まりました。




 



 




朝からではありますが、おめでたいことなので
わたしもバブリー(シャンパンのこと)などいただきながら
サンドイッチやペイストリーで朝ごはん(美味でした)。


 





卒業生たちが身につけるクローク(マント)は
フードの部分が学部によって色が違っていて





JBが終了したFaculty of Art(文学部)はピンクですが
学部生のものは白いファーで縁取りがあって
修士課程を終了した卒業生のフードには縁取りがありません。



     


         (修士卒業生 モデル:JB)



     


       (文学部の卒業生 モデル:知らない人)





9時近くになると、朝食会に出席しなかった卒業生たちも
ぞくぞく集まってきて
会場内にはいろいろな色のクロークがいっぱい



     



     



     



     



博士課程を修了した卒業生は
学部に関係なく、赤のフードだそうです。


     




それから、
たとえばヴィクトリア大学を卒業し
修士課程をオークランド大学で終了したような場合は
ヴィクトリア大学のクロークを着用してもいいそうで



まぁ、とにかく
いろんなクロークでいっぱいでした。



……と、ここまで書いてきて
猛烈に眠くなってきました。



今朝は朝食会に出るために早起きをした上に
普段履きなれないパンプスで
歩きまわったり、走ったりと
かなり運動をしたので、
今日はもうこれでお終いにして
とっとと寝てしまうことにします。



何故パンプスで走ったのかは、また後日、ということで。



お休みなさい。