読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

アメリカ旅行記 その3 〜カーネギー・デリのピクルス〜

さてさて




疲れていたせいか、部屋が暗かったせいか
家族全員で正午まで寝坊をしてしまったニューヨーク2日目




午前中に買い物を済ませ、午後はMOMA(ニューヨーク近代美術館)に
行く予定だったのに……
が、寝ちゃった時間は取り戻せない、とりあえず朝(お昼?)ごはんにしましょー、
ということで




ホテルの斜め向かいにあるカーネギー・デリへ






ここはかなりの有名店で、行列もできる店のようですが
わたしたちはラッキーにもすぐに奥のテーブルに案内されました。



     



なんだかとっても活気のあるお店で
スタッフと客との会話で店内はとっても賑やか





ここはウッディ・アレンの映画の舞台になった店だそうで
一番の人気メニューがその名も「ウッディ・アレン」





これはパストラミとコーンビーフのサンドイッチなのですが
軽くトーストした薄いサンドイッチパンの間に
パストラミとコーンビーフが10センチくらいの層になって挟まってる
(いや、冗談でなく、ほんとに)








4人で3つ注文しましたが、もちろん食べきれずお持ち帰り




薄いパンの間にハムが一枚挟んであるだけの
イギリス式のサンドイッチが好みという娘たち
カーネギー・デリのアメリカ風サンドイッチには抵抗があったみたい




ホテルに持ち帰ったパストラミとコーンビーフで
その後、2、3回分の食事ができました(経済的!)




デリカテッセンですから、メニューに載っているものは
すべてテイクアウトできます。




     入り口を入ってすぐのカウンターで注文します。




ウィンドーの中のケーキがとってもおいしそうだったんだけど


     
 



考えるだけでもお腹が一杯の状態だったので
チーズケーキを一切れテイクアウトで買い、夜になってから食べましたが
これがまた美味!!で。(あ〜思い出すとよだれがでそう)







ところで
ここのお店の入り口に大きなピクルスが飾ってあるのですが



      




サンドイッチを頼むとこのお店の特製ピクルスがもれなくついてきます。
これがまたおいしいの。





ピクルスと言えば、ニュージーランドで食べるものも
マックのハンバーガーに挟んであるものも
甘酸っぱいのが普通だけれど、ここのピクルスは「塩味」
パリパリとした食感とこの塩味
そう、日本のぬか漬けのようなおいしさ







これには娘たちもはまり
ニューヨーク滞在中は
毎朝JBが朝ごはん用にカーネギー・デリにピクルスを買いに出かけ、
ロサンゼルスに戻る日には
ついに大瓶入りのピクルスを購入するほど。




ニューヨークは遠いところです。
旅行前は、今回の旅が最初で最後の訪問と思っていましたが
今は、チャンスがあればまた行ってみたいと感じています。



もしもまたニューヨークに行くことができたら
そのときにしたいことのリストに
「カーネギー・デリのピクルスを食べる」は絶対はずせません。