読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

次女13歳

先週の金曜日は次女の誕生日でした。



13歳



長女の発案で長女のバイト先の和食レストランで4人で食事




      


      久しぶりに日本酒の熱燗なんぞ飲んでみました
           (お猪口に一杯だけ)




食事が終ってデザートをどうしようかな、というタイミングで
突然、レストラン内の照明が暗くなって




奥からウェイトレスのお姉さんが
小さなキャンドルが点いたケーキのお皿を持って登場




レストランスタッフと店内にいた食事客とが
ハッピーバースデーを合唱する中




ケーキは次女の前に置かれました。





誕生日の客へのここのお店の「びっくりプレゼント」






       (背景がごちゃごちゃと煩い写真ですが)        




満席の店内にいた客全員の注目を浴びて
次女はかなり恥ずかしそうでしたが




特別サービスのデザートは大変おいしかったようです。




娘ふたり
何か特別なことをしてきたわけでもないのに
ちゃんと育ってくれています。




 そりゃあ、愛情いっぱい注いでるからね〜。

           (異議は受け付けません by母)




でも、まだまだゴールではありませんよねー。




お母さん、もうちょっとがんばらねば。