読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

Ragtime

土曜日の夜は

次女が出演するカレッジ(高校)のミュージカルを観にいきました。

 

 

4日間の公演の最終日、劇場内はほぼ満席でした。

 

 

今年の公演は20世紀初頭のアメリカを舞台にした「ラグタイム」

 

 

 

                   f:id:sneezycat:20140415061903j:plain

 

 

 

いわゆるWASPと呼ばれるアッパーミドル階級の白人社会と

ハーレムに暮らす黒人たちのグループと

夢と希望を抱いて東欧からアメリカにやってきた移民たちのグループと

 

 

ある白人家庭を軸に

この3つのグループに属する人たちの人生が交差する様が

当時のアメリカの社会情勢

(黒人に対する差別、労働運動の高まり、移民たちの過酷な生活環境など)を背景に

ラグタイムと呼ばれる黒人音楽に乗って描かれます。

 

 

 

一昨年に長女が卒業し、現在次女が通っている高校は

ドラマや音楽に特に力を入れていることで有名で

年に一度のこのミュージカルも

たかが高校生とは言えないほどの質の高さ

 

 

主役級の生徒たちは

歌も演技もダンスも、みんな一級品

 

 

今回初めてミュージカルに参加した次女は

移民の少女役の「その他大勢」

 

 

それでも新学期早々のオーディションから

連日の練習を続けた本番までの九週間

 

 

よく頑張ったと思います。

 

 

来年はメインのキャストをやりたいなぁ、と

 

 

そりゃあ、そうでしょう。

 

 

でも、みんなそう思っているのよ。

 

 

 

がんばろうね。

でも、勉強忘れないでよね。