読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

ハルちゃんのダイエット大作戦 ~ハル、走る~

朝、ふと外を見たら

 

 

      f:id:sneezycat:20140603121519j:plain

 

ハルが

奥の家との境の塀の上を歩いている!

 

 

 

         ここはメイの定位置で

 

      f:id:sneezycat:20140603121517j:plain

 

 

ハルがここにいるのは今まで見たことがない

……と言うか

体が重過ぎて動きが鈍いハルは

塀まで一気に飛び乗れないのはもちろんだけど

踏み台になるコンポストの上までジャンプすることすらできなかったのです。

 

      ↓ これ

 

      f:id:sneezycat:20140603121516j:plain

 

 

それがいつの間に?

 

          塀の上で遠くを眺めちゃったりして

 

     f:id:sneezycat:20140603121518j:plain

 

 

               なんか余裕の表情

 

 

と、足元でニャオニャオと鳴き声。

 

 

最近、エサの食べっぷりがよくなってきたメイが

お腹空いたよ~と訴えております。

 

 

そこでメイのエサ皿にドライフードを出しておりましたら

 

 

突然、

 

          ドサッ

 

 

という大きな音がして

振り向いて見ると、塀からコンポストへ降りたハルが

(ドサッはそのときの音)

メイのエサ皿めがけて突進してくるではありませんか。

 

 

 

ドライフードを皿に出すときのカラカラという音を聴きつけたらしい。

 

 

そのスピードと勢いたるや、

普段のハルのノタノタした動きからは信じられないくらい。

 

 

     すご~い!! ハルちゃん、走ったね!?

        やればできるね、アンタも!!

 

 

 

いやはや。

たかだか数メートルを全速力で走ったくらいで

これほどまでに感動される猫って……。