読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

フクロウのクッション

うちの娘たちはフクロウが好きです。

可愛いんだって。

ヤモリも可愛いと言います。

どうも、その辺の感覚が私には理解出来ない。

 

 

でも、

先月、階下のレースのカーテン生地を買いに行ったら

フクロウの模様の可愛い生地があり、

いっしょに行ったJBがこれで娘たちにクッションを作ってやれと。

 

 

 

その後、なんやかやと忙しく、クッションどころではありませんでしたが

きのう、突然思い立って制作いたしました。

 

 

 

         f:id:sneezycat:20140705164845j:plain

 

 

 

繕いものをすることは時々ありますが

こんなふうにミシンを出して「手芸」をするのは久しぶり

クリスマス用のパッチワークのランチョンマット以来かも

 

 

 

でも、クッションカバーなんかただ四角く縫うだけでしょー、簡単よ~、

と思っていたら、大間違い。

 

 

 

長女の分と次女の分の2個

 

 

 

布が半端に残るのは嫌だと、慣れない計算をいろいろとし

ボタン留めにするのは穴かがりが面倒だから(ミシンがやってくれるんだけど)

長女と次女で色違いのリボンにして

 

 

    f:id:sneezycat:20140705164844j:plain

 

             これは長女の分

             次女のはブルーに白の水玉のリボン

 

 

 

おまけに!

 

 

めずらしいことをしているなぁ

何をやってるのかなぁ

と、好奇心いっぱいの猫たちの邪魔がはんぱない。

 

 

         f:id:sneezycat:20140705164841j:plain

 

       メイちゃん、クッションの中身の上に寝ないでください

 

 

 

       f:id:sneezycat:20140705164843j:plain

 

              それは生地、食べ物ではない!

 

 

 

      f:id:sneezycat:20140705164842j:plain

 

        こら、ハルまで! 生地の上に乗るでない!

 

 

 

という具合で、

思ったより時間がかかってしまい、完成したのは夕方。

 

 

 

できあがったものを見せても

ティーンエイジャーの娘たち、いまひとつ反応が鈍く

「あ、ありがとう」のみ

 

 

 

これがもう数年昔なら

「うれしー!お母さん、ありがとう!」と飛び上がって喜んだでしょうが。

しかし、まんざらでもないようなのはわたしにも分かります。

あれはあれで、彼女たちなりの感謝の表現なのでしょう。

(そう思うことにしよう)

 

 

それで十分。

久しぶりの手芸は楽しかったし。

 

 

さて、残った生地で、何を作ろうかなぁ。