読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

ポンソンビー探索

先週の金曜日はポンソンビー(Ponsonby)に行ってきました。

 

 

      

         f:id:sneezycat:20140907180746j:plain

 

 

理由は、割引クーポンサイトのグラブワンで安いランチのクーポンが出ていたから

 

 

            わたしが食べた鯛のコロッケ

 

      f:id:sneezycat:20140907181101j:plain

 

         日本で食べるクリームコロッケと全く同じ味

        添えられたカレー風味のタルタルソースと合わせて 

            とてもノスタルジックな一皿でした。

 

 

ポンソンビーに来るのは本当に久しぶり(5年? 6年?)だったので

食後はJBと街をお散歩。

 

 

ポンソンビーには19世紀や20世紀初めに建てられた古い建造物がいろいろ残っています。

 

 

      f:id:sneezycat:20140907181100j:plain

 

                これは図書館

       時は19世紀の終わりころ

       教育委員会の会長だったWilliam Leysという人は

       街をぶらぶらする青少年たちを見て、せっかく受けた教育を無駄に

       しているととても心配していたそうで、

       1899年のWilliamさんの死後、その遺産と弟のThomsonさんの寄付                                         で1905年にこの図書館が建設されたのだそうです。

 

 

     f:id:sneezycat:20140907181059j:plain

 

        図書館の向かい側の建物

        売りに出されていましたが

        何の建物だったのでしょう、分かりませんでした。

 

 

 

                                               この建物はかつての郵便局

 

                f:id:sneezycat:20140908174948j:plain

 

現在はThree Lampsというバーになっていますが

この建物がある辺りをThree Lampsと呼ぶのだそうです。

 

 

            その名前の由来がこれ

 

     f:id:sneezycat:20140907180750j:plain

 

 

はっきりしない写真ですが

ランプが3つ、近くの建物の屋根に乗っかってます。

これは昔のものを復元したレプリカで

もちろん、当時はランプが屋根の上にあったはずもなく

柱の先にランプが3つついたガス燈(後には電燈)が

この場所に立っていて、馬が引くバスの発着所だったのだそうです。

 

 

 

今のポンソンビーはカフェやレストラン、雑貨屋などが並ぶおしゃれなエリアですが

このガス燈が現役だったころは、かなり治安の悪い一帯だったようで

JBが子供の頃(40年くらい前?)でも、

ポンソンビーは低所得者層の住む、ドラッグなどの犯罪の多い地区

という認識だったようです。

 

 

 

メインストリートのポンソンビー・ロードからちょっと入ると

車庫も庭もない小さな家々が、軒先をくっつけるように建ち並んでいて

一軒一軒の家は、恐らく築100年近くではなかろうかと思われる

なかなかに風情のある建物なのですが

やはりこれは経済的に余裕のある人たちが住む家ではない(なかった)のだなぁと

感じます。

 

 

今、ポンソンビーはオークランドでもっとも「ホットな」エリアのひとつで

不動産物件はかなり値上がりしているようですが

 

 

          わたしゃ、ここには住みたくないわなぁ

 

 

 

というのが正直な感想でした。

 

 

 

お散歩の最後に名前も見ずに入って一休みしたカフェも

ランチを食べたカフェと同じように間口がとても狭い。

細長い店内を奥に向かって進んでいくと

ホァっという感じで視界が開け、小さな裏庭に出ました。

 

 

    f:id:sneezycat:20140907180748j:plain

 

さまざまなハーブがランダムに植えられていて雑多な印象ですが

なんとなく落着く感じ

 

 

先客のおじさんカップルから譲ってもらったクッションを

プラスティックの椅子に乗っけて座り

JBと大きなデーツ(ナツメヤシ)ケーキをふたりで食べました。

 

 

    f:id:sneezycat:20140907180747j:plain

  

 

      f:id:sneezycat:20140907180749j:plain

 

        向かい合ってではなく隣同士に座るあたりに

        仲の良さが覗えるおじさんカップル

 

 

久しぶりのポンソンビー散策はなかなか楽しかったです。

JBにこういう外出をもっとしよう、と言ったら

「あんまり頻繁にすると楽しさが薄れる」ですと。

 

 

ハイ、分かりました。

では、これからはJBとではなく、お友だちと出かけることにいたしましょう。