読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

少し早目のクリスマスプレゼント

生け花の仲間に

一度引き受けた仕事はどんなことがあっても

ひとりで黙々と、でも完璧にきっちりやり遂げる

とても頼りがいのある友人がいます。

 

 

趣味で陶芸をやっているのですが

彼女の作品は作り手の真面目な性格をそのまま反映して

隙がなく、細かい部分にも気を配った素晴らしいものばかり

 

 

彼女が自作の花器にお花を活けているのを

いつもうらやましい気分で眺めていたものでした。

 

 

で、思い切って彼女に

わたしにも花器、作って~

とおねだりしてみたのが数か月前。

 

 

即座に「イエス」という応えが返ってきましたが

ニュージーランド暮らしも13年にもなると

ニュージーランド人の「イエス」がいかに当てにならないか

経験上十分に分かっておりますので

 

 

真面目な彼女ゆえ

とりあえず「イエス」と言ってくれただけであろうと

特に期待はしていませんでした。

(いずれまた催促しようと思っていたし~)

 

 

が、なんと、ちゃんと作ってくれていました!

 

 

約束、守ってくれました。

そうだったわ、彼女、香港人でしたわ。

やっぱりニュージーランド人とは違いますわ。

(ずうずうしく頼んだわたしのほうが、よっぽどニュージーランド人だわ)

                   

 

        f:id:sneezycat:20141119170328j:plain

 

 

 

生け花のほうも1級師範免状を持っているベテランの彼女

活け手のことをよ~く考えた、とても活けやすい作り

 

 

 

生け花はあくまでも趣味だし

もう止めちゃおーかなー、と思うことも

実はあったりするのですが

 

 

 

いい花器を見ると、活けてみたいと思ってしまう。

どんな花を活けようかと、なんだかすごく楽しい。

 

 

 

きょうは1か月早いクリスマスプレゼントをもらった気分です。