読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

バイク野郎御用達カフェ

外出・イベント

砂利道の中に突如現れる二カウ・カフェ。

 

 

       入口のドアのすぐ下で爆睡中のワンちゃん。

 

     f:id:sneezycat:20141202133934j:plain

 

       覗き込んでも、写真を撮っても目を覚ます様子なし

 

 

カフェの入口のすぐ横には更衣室があります。

 

 

    f:id:sneezycat:20141202133932j:plain

 

海水浴場までは車で1時間はかかろうかというロケーションで

なんで更衣室?

 

 

と思ったら

ここのカフェは、近くにある二カウ鍾乳洞へ洞くつ探検に行く人の

ベース基地になっているようでした。

みなさん、ここで探検用の装備を整えて出発するようです。

 

 

つまり、このカフェは

洞くつ探検に来た人たちと、

砂利道を喜んで走りたがる(JBのような)バイク野郎たちの御用達

 

 

まぁ、そんなんじゃ、あまり多くを期待してはいけませんよね

 

 

と思いつつ、中に入ったら……

 

 

            大きな窓からの壮大な眺め

 

     f:id:sneezycat:20141202133707j:plain

 

 

           高い天井で広々と気持ちのいい店内

 

 

         f:id:sneezycat:20141202134338j:plain

 

 

   各テーブルに活けられた(庭から摘んできたらしい)気取らない花たちといい

 

 

          f:id:sneezycat:20141202133700j:plain

 

 

               店の隅の暖炉コーナーといい

 

      f:id:sneezycat:20141202133829j:plain

 

 

         まさにcozy(居心地がいい、くつろげる)な空間

 

 

あの砂利道を延々走ってきたバイク野郎や

洞くつでハードな体験をしてきた(であろう)探検家たちには

ほっとする場所なんだろうなー。

 

 

食事のほうも

黒板に書かれたメニューが4つだけという

少なすぎて選択に迷うという状況でしたが

 

 

   JBのシェアラーズ・パイ(ベーコン、卵、野菜のパイ)も

 

     f:id:sneezycat:20141202133828j:plain

 

 

       わたしのローストターキーのサンドイッチも

 

      f:id:sneezycat:20141202133827j:plain

 

 

               美 味

 

 

このサンドイッチ、一見普通のサンドイッチですが

挟んであるローストターキーが厚い!

1センチくらいはあったと思う(いや、ホント)

 

       f:id:sneezycat:20141202133826j:plain

 

それに、このパンがとてもおいしい。

あまりにおいしいので、なんというパンですかと訊いたら

「うちでフツーに焼いてるパンよ」だそうで。

でも、譲ってくれるというので買ってきちゃいました。

 

 

帰りはマーサー(Mercer)からモーターウェイに入ったので

その前にオランダのチーズを売る有名なチーズ屋さん、マーサー・チーズに寄り

 

 

      f:id:sneezycat:20141202133931j:plain

 

 

ゴーダチーズとパルメザンを買って帰りました。

 

 

で、晩ご飯はカフェで買ったパンとマーサーチーズでサンドイッチ

という手抜きごはん。

 

 

一日家で静かに過ごすつもりが

思いがけなくワンデートリップに出かけることになりましたが

JBとのドライブも案外楽しいもんでした。