読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

オズの魔法使い

娘たち・子育て

先週金曜日に次女が出演するミュージカル

『オズの魔法使い』を見てきました。

 

 

 

と言っても

学校のYear9とYear10(1年生と2年生)だけが所属する

Junior Performing Arts Programmeという

クラブ活動(のようなもの)の1年間の総決算の発表会。

 

 

 

それでも、オーディションで主役の座を射止めてからの数か月は

連日、授業が終わってから夕方遅くまで練習に励んできました。

 

 

 

         本番の数日前には小道具も手作り

 

 

        f:id:sneezycat:20141208191859j:plain

 

 

             黒い靴に糊をつけて

        キラキラの赤いラメをたっぷり貼り付けます

 

     

      f:id:sneezycat:20141208191857j:plain

 

          ドロシーが履く赤い靴の出来上がり

 

 

 

本番にはわたしとJB、長女のほかに

JBの両親、クリスティンも見に来てくれました。

 

 

 

ショーが始まる前は、わたしのほうもドキドキ。

 

 

 

     f:id:sneezycat:20141208191901j:plain

 

 

 

                ドロシー登場

 

          f:id:sneezycat:20141208191746j:plain

 

 

ジュディ・ガーランドの映画で有名な

『Over the Rainbow(虹の彼方に)』をソロで歌います。

家族全員がびっくりするほど堂々とした歌いっぷりでした。

 

 

 

竜巻でオズの国に飛ばされてしまったドロシーは

カンザスの家に帰るために、エメラルド・シティに向かいます。

 

 

            その途中で

         脳みそのないカカシと出会い

  

     f:id:sneezycat:20141208191744j:plain

 

     カカシ役は長女の友人であるカラムの弟ライアン

     カラムは校長先生から「わが校のオペラアイドル」と呼ばれるほどの

     名歌手でしたが、ライアンは次女によれば「Oh, he can't sing」

 

 

         さらに心臓のないブリキ男と出会い

 

 

      f:id:sneezycat:20141208191742j:plain

 

 

 

            そして臆病なライオンと出会って

 

 

     f:id:sneezycat:20141208191741j:plain

 

 

         4人でエメラルド・シティを目指します。

 

 

           ドロシーたちの邪魔をする西の魔女

 

 

     f:id:sneezycat:20141208191902j:plain

 

 

           ド迫力の大熱演でした

 

 

出演者全員、12歳、13歳の中学生とは思えないすばらしい演技と歌、ダンス

 

 

      f:id:sneezycat:20141208191740j:plain

 

 

             みんな、よくがんばったよね~

               大変だったよね~

 

と、

フィナーレでは感激で思わず眼がしらが熱くなってしまった母でした

 

 

日曜日に出演者全員で片づけをして

次女のミュージカルデイズは終わりました。

 

 

学校の授業も明日で終了

1か月半の夏休みが始まります。

 

 

 

休みの間は何がしたい?と訊いたら

「何もしたくない」ですと

 

 

グータラグータラと長~い休みを

何もせずに過ごすのが彼女の願いだそうで

 

 

ミュージカルに向けたあの熱意は、あの頑張りはどこへいったのだ。