読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

コーンウォールパークの秋

NZの暮らし

日一日と秋の気配が濃くなっていく

……というか

毎日一歩ずつ冬に近づいていっている……

そんな感じのオークランドです。

 

 

一日に何度もにわか雨が降ったりやんだりで

洗濯ものがすっきり乾かず

我が家の乾燥機がカランカランと

音を立てながら回っている時間も多くなりました。

 

 

朝のお散歩も

行こうかやめようか、判断に迷う日がたびたび。

歩いているうちににわか雨にあうのはできれば避けたい

でも、雲行きが怪しいからと散歩はやめにして

家の中の片づけなどを始めると、いつの間にか青空になっていたりする。

 

 

防水加工の軽いフード付きジャケットを着こみ

手には折り畳みの小さな傘を持つ

 

 

これがこの季節のオークランドでの

「正しいお散歩時の服装」であります

(なんちゃって)

 

 

きのうのコーンウォールパークでも

途中でさーっと霧のような雨に2回ほどあいましたが

散歩が終わる頃にはジャケットもすっかり乾いていました。

 

 

          青空が出れば、爽やかな秋です。

 

 

                             f:id:sneezycat:20150521182225j:plain

 

                                春にはピンクに染まる桜並木が

         今はきれいなブラウンに染まっています。

 

                         

                                     f:id:sneezycat:20150521182123j:plain

 

          ノーフォークパインの向こうの黄色はイチョウ

 

 

                     f:id:sneezycat:20150521182119j:plain

 

 

 

                   f:id:sneezycat:20150521182121j:plain

  

         もう少しすると銀杏が落ちるようになって

              中国人らしい人たちが

           実を拾いにたくさん集まってきます。

 

 

こちらは

昨年4月に閉店したコーンウォールパークレストランの建物

 

 

     f:id:sneezycat:20150521182224j:plain

 

         丸1年経って、やっと改修工事が始まりました。

 

 

建物の横に、コーンウォールパークレストランの看板が

まだポツンと立っているのが、ちょっと淋しいけど。

 

          f:id:sneezycat:20150521182223j:plain

 

このレストランが建てられたのは1900年代の初めの頃だそうです。

その時々の時代に合わせて少しずつ増築や改築をしてきたようですが

ここで思い切って全面的にリノベーションしようということになったらしい。

 

 

ウェブサイトには今年の後半には工事が終了予定とありますが

 

 

ニュージーランドですからねぇ。

工事が始まるまで1年以上かかったんだから

終了するのだって、いつになることやら。

 

 

きれいになって、またレストランが再開するのは

待ち遠しいな、とは思うのですが