読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

どっちが大人?

台所の窓拭きをしたついでに

キャビネットの中も整理してみたら

こんな懐かしいものが出てきました。

 

 

 

              f:id:sneezycat:20150609154111j:plain

 

 

 

最後にこれで家族で遊んだのは何年前だったろう?

 

 

これを見た長女も懐かしいと思ったのか、

夕食の後に久しぶりにみんなでやってみようと言います。

 

 

もちろんわたしに異存はなし。

そもそも、家族でやろう! とゲーム盤を買い込んだのはわたしですから。

学生時代に出会ったスクラブルゲーム

ボードゲームにはあまり興味はないのですが

これだけは大好き。

 

 

しかし、さすがにネイティブスピーカーには敵いませんね。

ゲームの成績は、

JBがぶっちぎりのトップ、2位が次女で、僅差の3位が長女

わたしは当たり前のように最下位です。

 

 

 

                   f:id:sneezycat:20150609154202j:plain

 

 

こういうとき、たとえ子供を交えた遊びであっても

勝つことしか見えなくなって

子供がいるんだから、少し手加減しよう

という心配りをすることなど考えもつかず

 

 

そこまでしなくても……

と思ってしまうほどの大人げない手を使ってでも

何が何でも勝とうとするのがJB

 

 

おかげで、娘たちが小さかった頃は

家族でゲームをするたびにJBと娘たちの間でひと悶着が起こり

せっかく楽しく遊ぼうと思ったのに

全員不機嫌で終わることもしょっちゅうでした。

 

 

が、今、長女は20歳、次女は15歳です。

 

 

JBは変わりませんが、娘たちは成長しました。

 

 

あいもかわらず、勝つことだけに必死で何も見えず、

時にあざとい手を使おうとする父親に

するどい突っ込みを入れながらも

笑って許す余裕が、娘たちのほうに、あります。

 

 

娘たちに遊んでもらったなどとは、露ほども思いが及ばず

ダントツ一位が嬉しくて仕方ない様子で

よし! 明日の夜はウノをやるぞ!

と言い出すJB

 

 

そんな父親に娘たちは苦笑いの顔を見合わせています。

 

 

大人になったね、ふたりとも