読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

冬の風物詩とちょっと臭い話

おとといの朝は

オークランド港の沖を行く船の霧笛で目が覚めました。

起きてみると外は真っ白

 

 

                 f:id:sneezycat:20150611120819j:plain

 

 

                                 f:id:sneezycat:20150611120818j:plain

 

 

オークランドの冬の風物詩、霧

 

 

日本の霧のように、晴れてきたら晴天、

とはならないのがオークランドの霧の不思議ですが

おとといは珍しく8時過ぎに青空が出てきたので

オラケイベイスンのお散歩に出かけました。

 (帰宅してしばらくしたら、案の定、曇ってきて

結局、夕方にはまた霧が出てくる始末でしたが)

 

 

オラケイベイスンを一周する遊歩道は

今、駐車場と遊歩道の一部を改修工事中で

 

 

                           f:id:sneezycat:20150606073158j:plain

 

 

多分そのせいだと思うのですが

ベイスンの水がずっと抜かれたままです。

 

 

                 f:id:sneezycat:20150609154116j:plain

 

 

底のほうに少し残った水には

カモやサギ、カモメなど鳥がたくさん集まってきています。

浅瀬になっているのでエサが獲りやすいのかな。

 

 

普段は枯れ木に止まって休んでばかりの鵜たちも

本日は(1羽のみ残して)全員おでかけ

エサ取りに励んでいる様子です。

 

 

              f:id:sneezycat:20150609154114j:plain

 

 

水の少ないベイスンも

いつもと違う風景で、それはまた楽しいのですが

晴天が続くと、風向きによっては、なかなかに臭い。

 

 

            f:id:sneezycat:20150609154117j:plain

 

 

早いとこ工事を終えてもらって、

また水をなみなみとたたえた景色が見たいと思うのですが

 

 

     f:id:sneezycat:20150424092453j:plain

 

           4月初めごろはこんな感じでした

 

 

ニュージーランドですから。

 

 

大体が、工事の開始だって、予定では2月だったけど

実際に始まったのは確か4月の後半だったし。

となれば、16週間で工事終了という予定も、どうなることやら。

 

 

夏休みまでには終わってるかな~?