読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

ディズニーにはないもの Song of the Sea

映画・読書

Film Festival 3本目はアニメーションの『Song of the Sea』です。

 

 

      f:id:sneezycat:20150726124443j:plain

 

 

『Grandma』のときは観客がお年寄りばかりでしたが

きょうの観客は小さな子供とそのおじいちゃん、おばあちゃんたち

 

 

アニメですから

 

 

わたしは娘たちと行きましたが

上が20歳、下が15歳ですから

友人の中には

え? お宅の娘さん、そんな年(にもなって)で、アニメ(なんかを)見るの?

という反応をする人もありますが、

 

 

大人でも鑑賞し得るアニメを作るのはジブリだけじゃない

 

 

大学でデジタルアートなるもの

(つまりは3Dだとか、コンピュータブラフィックスだとか)

を勉強している長女も

日本のアニメやコミックの情報をユーチューブでしっかりゲットしている次女も

わたしが『Song of the Sea』というタイトルを口にしたら

すぐに食いついてきましたよ

 

 

公開直後からすばらしい秀作だと

アニメオタクの間では評判の映画だったようです。

 

 

アイルランドの伝説をモチーフにした家族再生の物語

 

 

何がすばらしいって、その絵の美しさ

シーンのひとつひとつを、額縁に入れて飾っておきたいほど

 

 

    f:id:sneezycat:20150726124801j:plain

 

 

          f:id:sneezycat:20150726124442j:plain

 

 

          f:id:sneezycat:20150726124440j:plain

 

 

           f:id:sneezycat:20150726124441j:plain

 

 

ディズニーにはないもの、できないもの、のような気がする

 

 

いっぱしの批評家気取りの娘たちは

日本で大評判になったディズニーの『Frozen』を馬鹿にしておりますが

この『Song of the Sea』や

フランスアニメの『アーネストとセレスティーヌ』を見てしまうと

娘たちの気持ちも理解できる気がするのであります。