読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

アラフィーおばさんの女子会旅行 IN ハワイ  その1 ~眠れない!~

ここで書きましたように

ハワイ出発前は適応障害の症状がかなり悪化していて

 

 

大きな不安の塊を胸に抱いて常夏の島へと飛び立ったのでした。

 

 

数年前に良性発作性頭位めまい症を発症して以来

飛行機にも酔うようになってしまったので

搭乗30分前に酔い止めの薬を飲み

飛行機の中では映画を観ようなどとは思わず

とにかく寝てしまおうと思っていたのに

 

 

眠れない

 

 

薬の副作用で頭は朦朧としているけれど

眠ることができない

どうしよう、眠れない、酔ってしまうかもしれない

……という不安で余計に眠れない

やがて心臓がドキドキしてきて

息苦しいほどになり、さらに不安が増して……

 

 

結局ほとんど眠れないまま、ホノルルに到着

 

 

こんなとき、家族旅行ならわがままを言って

ひとりでホテルの部屋に閉じこもることもできるけれど

友人たちの楽しい気分を壊したくなくて

ちょっと無理をして元気を装ってみたりします。

 

 

ホテルのチェックインまで少し時間があったので

まずは全員でワイキキの繁華街(?)へ繰り出しました。

 

 

   f:id:sneezycat:20150728064419j:plain

 

 

「(2回の機内食をぺろりと食べたのに)ちょっと小腹が空いた」

という元気いっぱいの友人たちに付き合って

ロイアル・ハワイアン・センターのフードコートで軽食を取り

 

 

    f:id:sneezycat:20150728064432j:plain

 

 

ワイワイキャーキャー言いながらあちこちのショップを見て回り

スーパーで翌日からの朝食を調達し

 

 

くたくたになってホテルへ

 

 

これだけ疲れているんだから、今夜はぐっすり眠れるだろう

という期待とともにベッドに入りましたが

 

 

        眠れない

 

 

同じ部屋の友人たちの寝息と

ホテルの外の道路を行く車の音を聞きながら

 

 

不安な気持ちは解消されないまま

ハワイ第一夜が過ぎていくのでした。