読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

ハウィックとマウント・イーデン、上海レストランを比べてみた

JBお気に入りの上海レストラン一品香

 

 

                     f:id:sneezycat:20150824171852j:plain

 

 

わたしもここの生煎餅が大好きなのですが

なんせ、我が家からは車で30分ほどもかかるハウィックにあるので

そうそう気軽には通えません。

 

 

ところが先月、ちょっとしたことから

マウント・イーデンにも上海レストランがあることを発見

その名も「蘇浙匯」

中国語なので発音は分からず

英語のレストラン名はSu and Zhe Restaurant

(う~む……これも発音がいまいち不明)

ここも近所とは言えませんが、ハウィックよりは近い

 

 

ということで

中華料理大好きの長女も連れて

7月には4回くらいこのレストランに行き

JBはここがいたく気に入ったようなのですが

 

 

昨日は、ハウィックに行く用事ができ、

料理の味を蘇浙匯と比べてみたい

という好奇心もあったので、

久しぶりに一品香に行ってみました。

 

 

注文したのは

 

 

                                                      小籠包

 

                        f:id:sneezycat:20150824171853j:plain

 

 

蘇浙匯の小籠包と比べると小さい

でもこっちは10個入りだし

 

 

             f:id:sneezycat:20150824171944j:plain

 

                                                蘇浙匯は8個

                                  (この写真、すでに一個消えている!)

 

 

一品香のほうは、小さい分、味、特に皮が繊細な感じがする

蘇浙匯はしっかりした食べ応えがあったかな

 

 

                生煎餅

 

     f:id:sneezycat:20150824171850j:plain

 

 

これも小さい

で、これも蘇浙匯は4個で

一品香は6個だし

 

 

そして、わたしの好物、雪菜肉絲汤面(雪菜と豚肉の麺) 

 

 

     f:id:sneezycat:20150824171851j:plain

 

 

どちらもスープがとても薄味で上品な味ですが

蘇浙匯のは、出てきたときに

ただのお湯に入っているのかと思ったほど、スープの色が薄くてびっくり

 

 

    f:id:sneezycat:20150824171945j:plain

 

 

もちろん、お湯ではなくちゃんとしたスープでしたけど

 

 

わたしは一品香のほうが好みかな

特に、麺が細いけれどコシがあっておいしい。

 

 

JBと長女に、どちらがおいしかった?と訊いても

返事は「う~む」だったし、

わたしは小籠包も生煎餅も雪菜肉絲汤面も

一品香のほうがおいしかったような気がするけど

 

 

蘇浙匯はチャーハンや

 

    f:id:sneezycat:20150824171946j:plain

 

     食べ散らかした、ちょっとだらしない写真でスミマセン

 

 

京醤肉絲という

細切りの豚肉を北京ダックのように

薄く焼いた小麦粉の皮にくるんで食べる料理がすごくおいしい

 

 

つまりは、甲乙つけがたし?

 

 

おいしい中華料理が食べられる店の選択肢が増えて

うれしいことです。