読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

アラフィーおばさんの女子会旅行 IN ハワイ その6 ~ハナウマベイへ!~

8月の最終日、冬の最後の日も雨降りです。

夕べの天気予報によると、

この先一週間は雨が続くのだそうです。

まぁ、天気予報が当たる確率も

笑っちゃうくらいの低さですから

雨の予報に気を滅入らせていても意味ないですが。

 

 

さて、気を取り直してハワイ旅行記の続きです。

 

 

ハワイ5日目はハナウマベイへ

海にもぐってきれいな魚たちを見るつもり

 

 

            f:id:sneezycat:20150827175236j:plain

 

             まるでガイドブックから持ってきたようなこの写真

         わたしが撮ったんですよ~

       本当に、こんなにきれいなんですよ~

 

 

シュノーケルはウミガメツアーで散々な経験をしましたが

却ってそのせいで、ひとつはっきり分かったことがあります。

 

 

それは

できないものはできない

ダメなことはダメ、とはっきり言ってしまって構わない、ということ

 

 

わたしひとりが途中でギブアップしても

友人たちは何も言わずに待っていてくれるはず

 

 

普段から言いたいことを言い合ってきた

気の置けない仲間たちではありますが

それでもやっぱり遠慮や、見栄や、

ダメなところ、恥ずかしい部分は見せたくないという

いいかっこしたがりの部分が、わたしのなかにはあったのです。

 

 

それが、ウミガメツアーであれほど無様な姿をさらして

なにか、すぽーんと吹っ切れてしまった感じ

 

 

楽しいムードをちょっと白けさせてしまったわたしを

友人たちは責めるわけでもなく、

また、慰めやいたわりの言葉をかけるでもなく

 

 

彼女たちにとっては大したことじゃなかったのかもしれない

わたしひとりが気にし過ぎていたらしい

……とやっと気づく、理解の遅いワタクシでありました。

 

 

というわけで、

夜もぐっすり眠れるようになったし

あいにくの小雨模様ではありましたが、

全員、行くどー!、魚見るどー!と気合十分

 

 

    f:id:sneezycat:20150827175540j:plain

 

 

が、残念なことに

レンタルしたシュノーケルは、きっと白人仕様だったのですね

鼻が低い典型的アジア人顔のわたしたちにはフィットせず

海面に顔を付けた途端に水がドバドバ入ってきて、

ずっと片手で押さえておかなければ使えない

 

 

         f:id:sneezycat:20150827175234j:plain

 

          ぐ~、苦しい~、と言っているところ

 

 

フィンも砂が入りまくりで、歩くとジャリジャリ足が痛い

 

 

それでも、

ハナウマベイは腰のあたりまで水に入れば

周りを色とりどりの魚が泳ぎまわっているという

夢のようなところ

 

 

10センチほどの大きさの銀色の魚の大群が

わたしの目の前を横切ったときは

海の中に顔をつけていることを忘れて

思わず声を上げそうになりました。

 

 

ずっと片手でシュノーケルを押さえていたので

水中の写真を撮るどころではありませんでしたが

友人が何とか頑張って撮ってくれた写真を載せておきます。

 

 

      f:id:sneezycat:20150827175241j:plain

 

 

      f:id:sneezycat:20150827175237j:plain

 

 

 

ハナウマベイにいたのはわずか2時間ほど

あまり日焼けしたくない、疲れたくないおばさんたちには

ちょうどいい時間でした。

それでも魚たちを目いっぱい楽しむことができたし

 

 

環境を保護するために

入場は厳しく制限されていますが

ハナウマベイを訪れる人の数が減らない理由が

よく分る気がします。

 

 

もう一度ハワイに行くことがあったら

ハナウマベイはやっぱり外せないと

わたしだって思いますもん。