読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

JBのおかげでおいしいジュースが飲めるという話

NZの暮らし 料理・外食

今年は庭のグレープフルーツが豊作です。

 

 

おととし、JBと共同作業で大量のマーマレードを作った

あのグレープフルーツ、なぜか去年は1個も実をつけず

心配したJBがせっせと肥料を与えて一生懸命世話をしたおかげか

今年はおととしを上回る収穫

 

 

計ったら11.5キロありました。

 

 

 

         f:id:sneezycat:20151008161249j:plain

 

 

 

僕が留守の間に

あのグレープフルーツを

全部マーマレードにしておくように

 

 

と言い置いてJBがオーストラリア旅行に出ましたので

 

 

今年は単独作業。

でも、11.5キロのマーマレード作りをひとりでやる気は

もちろんさらさらなく

とりあえず約半分の5キロから開始

 

 

それでも、ひとりとなるとかなり時間がかかりそうだと思ったので

今年はスピードアップのため、思い切った手抜き作業を敢行。

 

 

前回は薄皮を丁寧にむいてひとつひとつ果肉を出していましたが

それではいつ終わるか分からない。

今回は

外側の皮をリンゴをむくように果肉が見えるくらいに深めにむき

 

 

          f:id:sneezycat:20151008161248j:plain

 

 

中の袋と袋の境目にペティナイフを入れて果肉を取り出す

お菓子作りのときの方法を採用。

 

 

             f:id:sneezycat:20151008161247j:plain

 

 

これだとかなり果肉が皮に残ってしまって

もったいないなぁとも思ったのですが

おととしはマーマレード製作にほぼ丸一日を費やし

ぐったり疲れてしまったので

今年はそれを避けるためにも、少々の無駄には目をつぶることに

作業の過程で鍋にボロボロと種が落ちて入り込みましたが

これもいちいち拾わず。

 

 

食べるときによけてね~、です。

 

 

こうして、

午後2時頃から開始し

(途中、晩ご飯やらなんやらでの何度かの中断を経て)

夜11時過ぎにマーマレード完成

これだけあれば、2年分くらいにはなりそうです。

 

 

                             f:id:sneezycat:20151010065915j:plain

 

 

我が家のグレープフルーツはすごくすっぱくて

ジュースにして砂糖を投入しても苦みが口の中に残るし

もちろんそのまま食べようとすれば

口の中が梅干を食べたときのような感じになってしまうので

マーマレードにするしか使い道がなかったのですが

 

 

今回、マーマレードを作るために皮を剥いていると

いつもより果汁が多く、すごくジューシー。

思わずひとつ口に放り込んでみたら

 

 

お? 甘い!?

 

 

JBが一生懸命お世話をしたせいでしょうか

おととしのものとは比べ物にならないくらいの甘さで

そのまま食べても十分おいしいじゃないですか。

 

 

というわけで、

マーマレードを作った残りは

半分をお散歩仲間におすそ分けし、

残った数個を毎朝ジュースにして飲んでおります。

 

 

 

                       おいしいー♡

 

                                  f:id:sneezycat:20151010065916j:plain