読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

Trumbo

映画・読書

2日間降り続いた雨が、今朝はやんで

 

 

うす曇りの空から、時々太陽が顔をのぞかせると

急に蒸し暑くなりました。

 

 

きょうは映画『Trumbo』を見に、近所の映画館へ

 

 

                           f:id:sneezycat:20160103183339j:plain

 

 

一緒に行ったのは友達ではなく、JB

 

 

ここの映画館は、日曜から水曜までは

午後5時までに上映される映画は一律$9.90という特別料金

 

 

割引料金とか特別価格とかという言葉に非常に弱いJBだし

映画の内容も政治が絡んでいるので興味があるだろうと思い

誘ってみたら二つ返事で乗ってきました。

 

 

アメリカでは

20年代の恐慌を経験した不安と

第二次世界大戦でソビエトと協力して戦ったという記憶から

共産党に入党する人が、40年代頃はかなり多かったそうです。

それが、冷戦が始まって事態は一変

 

 

わたしは、物心ついたころはすでに冷戦の時代でしたから

アメリカ人って、昔からみんな共産主義アレルギーなんだと思ってましたが

 

 

映画の舞台はマッカーシズムが吹き荒れた頃のハリウッド

売れっ子の脚本家だったㇳランボも共産党員でしたが

召喚された聴聞会での証言を拒否、議会侮辱罪で有罪となって

投獄されてしまいます。

 

 

今、ベルリンの壁が壊れて、ソ連が崩壊して、

冷戦は終わりましたが

わたしたちの怒りや、憎悪や、不安や、恐怖は

新たなターゲットを探し出していきます。

 

 

世界のあちこちで起こっている悲惨な事件や

その後に起こる悲しい出来事を思うと

この映画が持つ意味はすごく深いなぁと。

 

 

それにしても、

主人公ㇳランボの奥さんはものすごく素晴らしい

まるで女神のような女性でしたわ。

 

 

JBは

「どうしたらあんな女性に出会えるんだろう?」だって

おいおい、目の前にひとりいるでしょう???