読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

猫に起こされる朝、救われる日々

明け方、まだ暗いうちにトイレに目が覚めて

もうひと眠りできる時間なのに

そのまま眠れなくなってしまうことが、ときどきあります。

 

 

そんなときは

外は真っ暗だし

部屋の中は寒いし

眠りたいのに眠れないあせりもあって

気持ちはどんどん後ろ向きに

 

 

何もしたくない気分。

でも、「何も」の中には、ベッドに入ったままでいることも

ぼんやりと「何もせずに」いることも含まれていて

とにかく、何もかもが、イヤ

 

 

「死んでしまいたい」という気持ちにまでは(幸いなことに)

ならないのですが、それはたぶん、

何をどうしたらいいのかが分からないから。

 

 

今でないいつか、ここでないどこか、に行きたい。

 

 

それでも、時間が経って、少しずつ外が明るくなり始めると

気持ちも少しずつ上向きになってくるから、不思議

 

 

そのうちに、寝室の外から朝ごはんを催促するハルの声が聞こえてきます。

 

 

初めは遠慮がちな小さな声で

 

あの~、朝ごはんはまだでしょうか

おなか、空いてるんですけどぉ

 

という感じの鳴き方なのが、そのまま放っておくと

だんだん声も大きく、鳴き方も攻撃的になってきて

 

ちょっとぉ、何時だと思ってんのお!

お腹空いてんのよ、あたしは!

いつになったらご飯出すのよ!

 

と、ひじょうにうるさくなってくるので

 

 

やれやれ、仕方ないか、とベッドから起き上がるという次第。

 

 

「今日も一日がんばるぞー」というような

爽やかな目覚めとはほど遠いですが

とにかく、起きて一日を始めなくちゃ、という気持ちにはなります。

 

 

もしかしたらわたしは、

このハルのうるさい「朝ご飯コール」に救われているのかもしれません。

 

 

     f:id:sneezycat:20160606083027j:plain