読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

デザートワインの甘い誘惑

料理・外食

ここ最近は、

JBとの外食というと必ず安価なアジア飯になっていましたが

なぜか月曜の夜に、突然、ここに。

 

 

    f:id:sneezycat:20160817085618j:plain

 

 

           久しぶりのワイン・チェンバーズ

 

 

    f:id:sneezycat:20160817085619j:plain

 

 

 

どうしてここで食事をすることになったのか……?

JBと話してみましたが、ふたりとも分からず

ま、いいか。

 

 

ワイン・チェンバーズへはランチにはよく来ましたが

ディナーは初めてだったか……?

担当してくれたのはアントニオというサービス精神満載のウェイターさん。

 

 

JBとの外食で、アジア飯以外のときは

わたしがグラスワインを1杯頼んで

三分の二をJBが飲み、残りをわたしが飲むというのが

いつの間にか決まりになっていて

でも、何を飲むかを決めるのはわたし。

 

 

と言っても

ワインに詳しいわけではなく、ましてや、あまり飲めないので

頼むのはいつも「あまりドライでない白」

 

 

「何がおススメ?」と訊いたら、アントニオは

リースリング、ピノ・グリ、ゲヴュルツトラミネール

の三種類を試飲させてくれました。

 

 

その中から、さっぱり目のリースリングを1杯頼んだのですが

試飲と言ってもそれぞれを一口分だけグラスに注ぐわけでもなし

三種類を合わせてグラス半分くらいの量が残りました。

そして、試飲させてくれたグラスを片付けてしまうような無粋な真似を

アントニオは、もちろん、しませんでしたので

 

 

JB ラッキー

 

 

「ウ~、甘い。こんな甘いワインは僕には飲めない」と言いつつ

三つのグラスをきれいに空けていました。

 

 

さて、食事です。

ワイン・チェンバーズはキノコのリゾットが絶品ですが

今日のメニューにはなく

 

 

       わたしは前菜にスモークサーモンのチャウダー

 

    f:id:sneezycat:20160817085715j:plain

 

 

こういうクリームたっぷりの濃厚な味が好きなんですよ~

高血圧、高コレステロールなのに。

でも、とにかく、食べちゃうけど。

 

 

JBはウサギのリエット(写真は撮り忘れました)

ウサギの肉を食べるのは、どうもちょっと抵抗があります。

JBは「ウサギのカレーはうまいよ」なんて言ってますが

コーンウォールパークでのかわいい姿を見慣れている身としては……ね。

 

 

         メインは今日の魚料理のハプカ

 

 

    f:id:sneezycat:20160817085723j:plain

 

 

ちょっとお魚の塩味がきつかったように感じましたが

普段から、お塩控えめを心がけているせいでしょうか。

付け合わせのポテトは、火の通り具合も味付けも完璧でした。

 

 

           JBは鶏むね肉の煮込み

 

    f:id:sneezycat:20160817085724j:plain

 

 

鶏肉とトマト味が大好きなJBにぴったりの料理でしたわ。

 

 

       デザートはわたしがチョコレート・ブラウニー

 

 

    f:id:sneezycat:20160817085622j:plain

 

 

 

          JBはレモン・チーズケーキ

 

    f:id:sneezycat:20160817085620j:plain

 

 

このデザートが出される前に、ちょっとしたサプライズ

 

 

あの、陽気なウェイターのアントニオが

デザートワインをサービスで出してくれたのです。

 

 

       f:id:sneezycat:20160817085623j:plain

 

 

 

お酒に弱いわたしは

三種類のワインの一口ずつの試飲と、グラス三分の一のリースリングで

すでにかなり酔っていて、デザートでこの酔いを醒まさねばと思っていたので

デザートワインはうれしいけど、ちょっと困ったかも。

 

 

でも、こっくりと甘いワインは

濃厚なチョコレート・ブラウニーと一緒に口に含むと

うわぁ~と声に出して言ってしまうくらいに、おいしい。

 

 

残念なことに、酔いには勝てず(気分が悪くなってしまうのは避けたい)

このワインも三口くらいしか飲めず、残りはまたしてもJBのお腹に

うーむ、くやしい。

 

 

しかし、甘いデザートと一緒に飲むデザートワインが

こんなにもおいしいものだとは、初めて知った。

 

 

これからJBと食事するときは

食事用のワインは飲まず、最後にデザートワインを頼むことにしようかな

メインだけ食べてそそくさと帰るというのが

これまでのJBとの食事のパターンだったけど

こうすればデザートまで(ムリヤリ)引き伸ばせるかも。