読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

亭主元気で……

昨日の朝の便でJBが日本に出発しました。

 

 

前回は仕事でしたが、今回はバイク仲間と3人でのホリデー

箱根や伊豆や長野をツーリングする予定で

富士山にも登るのだと張り切っていました。

 

 

オジサン3人(最年少がJBで50代半ば、あとの2人は60代)の

珍道中になりそうで、

去年7月のわたしのハワイ旅行のようなものでしょうか。

 

 

もちろん、こちらに引っ越してからもJBは何回か日本に行っていますが

目的がわたしの実家に行ったり、仕事だったりで

純粋に遊ぶために日本に行くのは、今回が初めて。

 

 

JBはとても楽しみにしていました。

出発前夜はうれしくて、あまり眠れなかった様子。

 

 

一方、

JBの日本旅行は、留守番のわたしにとっても、ホリデー

 

 

四六時中動き回るかしゃべるかしているJBがいないと

家の中は、し~んという音が本当に聞こえてきそうなほど、静か

家事であれ何であれ、JBの視線を感じずにできるというのは

わたしの精神衛生上、とてつもなくありがたいことです。

 

 

もっとも、もしも万が一何かトラブルが起きたら

(言葉の綾で他人をからかうのが大好きな)JBに頼らずに、わたし一人で

(時間は守らない、言うことがそのたびに違う、人の話を聞かない)

ニュージーランド人に立ち向かわねばならないとなると

そうそう浮かれてもいられません。

 

 

昔、

「亭主元気で留守がいい」というテレビのコマーシャルがありましたね

 

 

そのコマーシャルに、当時独身で若かった友人は

「家族を守ってくれる夫に対して、なんとひどい言いようか!」と

真剣に憤ったそうですが

 

 

あれから数十年、大恋愛の末に結婚した(はずの)夫を見て

「あのコマーシャル、しみじみ理解できる」と言うのです。

 

 

何をいまさら~、とわたしはヘラヘラ笑いましたが

 

 

JBの留守は、わたしにとって本当に貴重なホリデーですが

同時に、ニュージーランドという異国の地で暮らす上で

どれほどわたしがJBを頼っているのかということを

(不本意ながら)あらためて認識するときでも、あるのです。

 

 

           最近ではかなり珍しいJBとのツーショット

 

 

      f:id:sneezycat:20160820074635j:plain