読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

Far Northの旅 2017 その2 ~Old Oak Boutique Hotel~

旅行

今回の目的地はMangonui

 

 

マオリ語の地名なので「マンゴヌイ」というのが正解なのでしょうが

英語人のJBは「モンガヌイ」と発音します。

とりあえず、JBに遠慮して 敬意を表して 

今回は「モンガヌイ」を使うことにします。

 

 

ここはJBの父方のお祖父さんが生れた地

19世紀後半、イギリスから移民してきたJBの曽祖父ジェームズさんが

馬具製造職人としてビジネスをしていた土地です。

 

 

人々の移動手段が

馬や馬車から自動車へと変わりつつある

ビジネス的には非常にタイミングのまずい時期に

JBのひいおじいさんはお店を始めてしまったようですが

 

 

わたしたちが宿泊したOld Oak Boutique Hotelの創業が

ジェームズさんがいた頃とほぼ同じという偶然

 

 

            ホテルのすぐ前が海

         部屋のベランダからの眺めがすばらしい 

 

     f:id:sneezycat:20170201105853j:plain

 

 

子供の頃のグランパもこのホテルの前の道を歩いたのかなぁ

なんて、珍しくJBがセンチになっていました。

 

 

このOld Oak Hotelの創業は1861年。

 

 

    f:id:sneezycat:20170201105749j:plain

 

 

 

    f:id:sneezycat:20170203055443j:plain

 

 

以来、このホテルは色々な人の手にわたって

ギフトショップになったり、パブになったりで

今のオーナーが買う前は、バックパッカーになっていて

建物もかなりボロボロになっていたそうです。

 

 

それをアメリカ人とイギリス人カップルの現オーナーが徹底的にリフォーム。

ドアと床はオリジナルのものを残したそうですが

ほかはほとんど新しくしたようです。

 

 

でも、建物の全体のクラシカルで可愛らしい雰囲気は

そのまま残ってるなぁ、と思います。

第一印象は「小さい!」でしたけど。

 

 

    f:id:sneezycat:20170201105754j:plain

 

 

わたしたちが滞在したのは

3人だったので2部屋のスィートルーム。

 

 

      f:id:sneezycat:20170201105753j:plain

 

 

      f:id:sneezycat:20170201105752j:plain

 

 

建物の骨格そのものは19世紀に建てられたもののままなので

どれもみな小ぶりな造りですが、とにかく可愛い。

 

 

        f:id:sneezycat:20170201105855j:plain

 

 

            ホテルの入り口を入ってすぐの廊下

             右手に二階へ続く狭い階段

 

        f:id:sneezycat:20170201105857j:plain

 

 

            部屋のクローゼットのドア

 

 

        f:id:sneezycat:20170201105750j:plain

 

              色ガラスが可愛い

             この色使い、好きだなぁ。

    これも、今のオーナーがリフォームするときに付けたようです。

 

 

ベッドルームからの外の眺めも

それだけで一幅の絵のようです。

 

 

        f:id:sneezycat:20170201105858j:plain

 

 

今回の旅の目的のひとつは

このホテルの滞在でしたので

どこへも行かずに、ホテルのベッドに寝転んで

ずっと外の景色を眺めているだけでも

わたしは十分うれしかったのですが

 

 

じっとしていることができない、

苦痛だ、と訴える人が旅の同行者なので

 

 

2日目、3日目はかなりアクティブに動く羽目になり

ホテルでノンビリ、という時間がほとんどなかったのは

心残りというか、計算間違えたというか……

 

 

3泊目の宿泊先のようだったら

なるべく外にいたいと思ったんですけど。