読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

Far Northの旅 2017 その3 ~ホテルの住人~

Old Oak Boutique Hotelに到着して

入り口のドアを開けたら、

出迎えてくれたのがアジア人女性で

 

 

つい、オークランド人のくせで

あ、中国人

と思ってしまったのですが

その女性に「日本の方ですよね!」と

笑顔で言われて、びっくり

 

 

ケリケリ在住のオーナーに代わり

イギリス人のご主人とふたりでホテルを管理している

日本人のマネージャーさんでした。

 

 

全く予想外でしたが

わたしにはうれしいサプライズ

 

 

チェックインの時の説明も全部日本語でしてもらったし

ホテルの歴史も詳しく説明してもらえました。

マネージャーさんは「日本語話すの、久しぶりで」と

おっしゃっていましたが。

さすがにモンガヌイまでやってくる日本人観光客は少ないらしい。

 

 

初日、夕食を終えてホテルに戻り

部屋に入る前に、ホテル前の小さい庭が可愛かったので

写真を撮ったりしていたら

 

 

ホテルの裏庭に猫ちゃん発見

 

 

     f:id:sneezycat:20170203055441j:plain

 

 

 

     f:id:sneezycat:20170203055439j:plain

 

 

ニュージーランドの猫には珍しく尻尾が短い

 

 

後で部屋のホテル案内を読んで分かったのですが

この猫の名前はそのものずばり

 

 

    Miss Little No Tail

     

 

 

以前、短期間だけ我が家のお隣に住んでいた猫のベティも

短い尻尾でしたが、

 

 

    f:id:sneezycat:20170203062130j:plain

 

          なかなか気が強い女の子だったベティ

 

 

飼い主の話では、ベティの短い尻尾は

生まれつきではなく事故でこうなってしまったそうで

Miss Little No Tailもそんな感じでした。

 

 

ホテルのゲストたちにかわいがってもらっているのでしょう

とても人懐っこく

でも、なかなか威厳のあるお嬢さんでした。

 

 

  

    f:id:sneezycat:20170203055442j:plain

 

 

 

    f:id:sneezycat:20170203055440j:plain

 

 

 

Miss Little No Tailに会えたのはこのときだけで

帰るときにも探したのですが、見つからず

ちゃんとお別れを言えなかったのが

ちょっと心残りです。

 

 

このホテル、売りに出されているようで

ホテルの隣に不動産屋の大きな看板が出ていましたが

オーナーが変わっても猫ちゃんは住み続けてくれるでしょうか?