読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

長女、冬眠から目覚める

長女が動き始めました。

 

 

思ったより短い冬眠でした。

 

 

長女は、半年ほど前から合気道の稽古に通っていて

毎週水曜日の夜は道場までわたしが送り迎えしているのですが

(早く運転免許を取ってくれよ!)

 

 

きのうは午後になって稽古を休むと言ってきました。

 

 

「なんで?」

「稽古の時間にスカイプのミーティングが入ったから」

「ミーティング? 誰と?」

「この間のプロジェクトのチームメンバー」

 

 

先日のコンテストでは優勝を逃したものの

長女のチームのプロジェクトはかなり高評価を得たようで

(マイクロソフトの担当者からも好意的なコメントをもらったらしい)

 

 

せっかくだから

このままプロジェクトを続け、商品として売り出せるまでの水準にもっていこう

という話しになってきたそうな。

 

 

「売るって、誰が?」

「わたしたち」

 

 

ほ、ほ、ほぉ~……そう来たか。

 

 

いわゆるスタートアップとやらですな。

 

 

長女のプロジェクトのチームメンバーふたりは

長女がインターンシップでお世話になった

マイクロソフト系のテクノロジー関連企業の社員なので

その会社の後押しがあるのかもしれませんが

 

 

若者三人でどこまでやれるのか

 

 

しかし、その気合が、私はうれしい。

 

 

長女のプロジェクトは

わたしの理解の範囲を大きく超えているので

どんなものなのか、説明してもらったところで

ほぼちんぷんかんぷんなので

 

 

とりあえずは

 

                     がんばれっ

 

としか言えませんでしたが。

 

 

なにはともあれ、

長女が冬眠から抜け出したのは、うれしいことです。

 

 

    f:id:sneezycat:20170413171635j:plain