読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

トンガリロクロッシング顛末記 その4 ~語りつくした?~

4月に1泊ででかけたパーマストンノースも

友人たちと行ったトンガリロも

「旅行記」を書きかけて、中途半端に放ったままでした。

 

 

わたし自身のための覚書ではありますが

やりかけというのは、やはりなんとなく気になるので

すっかり忘れてしまわないうちに

(もうすでに記憶が曖昧になりつつありますが)

なんとか書きあげてしまいたいと思います。

 

 

まずはトンガリロから

 

 

        *     *     *

 

トンガリロ国立公園に到着した翌朝

まだ空に朝焼けが残っているような

(わたしにしてみれば)かなりの早朝に

トンガリロ隊の友人たちは、バスで出発していきました。

 

 

    f:id:sneezycat:20170512061522j:plain

 

 

残ったわたしともう一人はゆっくりと朝食をとり

近くのタラナキ・フォールズという滝までの約2時間のトレッキングへ。

 

 

インフォメーションセンターの近くの入り口から出発。

 

 

    f:id:sneezycat:20170423063309j:plain

 

 

         平らな道を進んで行きます。

 

 

    f:id:sneezycat:20170512061818j:plain

 

 

     歩き始めてしばらくして振り返ると、こんな景色

 

 

    f:id:sneezycat:20170512061520j:plain

 

 

この可愛い、オモチャみたいな建物はシャトー・トンガリロホテル

翌日はオークランドに戻る前にここでハイ・ティーの予定です。

 

 

トンガリロ隊はきっと坂道を上ったり下ったり、

苦労していることでしょうが

わたしたちのコースはほぼ平坦

 

 

       f:id:sneezycat:20170512061519j:plain

 

          途中、きれいな川を渡って

 

 

    お、滝が見えてきた、これがタラナキ・フォールズかな

 

 

        f:id:sneezycat:20170512061518j:plain

 

 

思ったより小さいけど、とりあえず記念撮影

ここまでけっこう楽チンだったよね

などと話していたら、それは甘い考えでした。

 

 

本物の滝は、そこからさらに上ったところにありました。

 

 

        f:id:sneezycat:20170512061817j:plain

 

 

ここからは急な上り坂になって

これがこのコースで一番の難関だったかな

トンガリロクロッシングに比べたら「難関」なんて

言っちゃいられないでしょうけど。

 

 

滝の上で少し休憩してから

またシャトーの方向を目指して、今度はひたすら緩い下り坂

 

 

    f:id:sneezycat:20170512061815j:plain

 

 

       行きとはまた違う山の景色を楽しみながら

 

 

    f:id:sneezycat:20170512061816j:plain

 

 

のんびりとおしゃべりをしながら戻りました。

 

 

一緒に歩いた友人とは、もう10年来の付き合いですが

彼女とは往復の車中も、ホテルの部屋も一緒で

2時間のトレッキングの間もしゃべり続けたので

 

 

もうすっかり「語りつくした!」という感じ。

 

 

が、オークランドに戻ってみれば、

旅の思い出も含めて、話すことはまだまだたくさんありそう。

 

 

こんなに言いたい放大が言える友人って、貴重だよね

 

 と言ったら

 

 

こんなに言いたい放大を言われる友達って、そういないよね。

 

 

と返されてしまいましたけど。