読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

トンガリロクロッシング顛末記 最終回 ~次回もあるって?~

トンガリロクロッシングを制覇して達成感満載の友人たち

とその他2名

 

 

    f:id:sneezycat:20170514194357j:plain

 

 

翌朝はオークランドに向けて発つ前に

シャトー・トンガリロでハイティー

 

 

     f:id:sneezycat:20170514194355j:plain

 

 

大きな窓から雪をかぶった山がきれいに見えるラウンジで

 

 

     f:id:sneezycat:20170514194353j:plain

 

 

お茶とお菓子を楽しみながら、旅の総括

 

 

     f:id:sneezycat:20170514194356j:plain

 

 

……と、話はいつの間にやら「次回」の計画へと

 

 

え? ミルフォード・トラックだって?

ええ? アベル・タスマンだって?

 

 

どちらもニュージーランドの名だたるトラッキングコース

トンガリロは7時間から8時間あれば歩ける1日コースですが

ミルフォードもアベル・タスマンも、

全行程を歩こうとすると1週間くらいはかかるコース

 

 

途中の宿泊はハットと呼ばれる山小屋で

当然ではありますが、寝袋や食料、食事道具一式を

全部自分で持って歩かねばなりません。

 

 

それを1週間も?

 

 

トンガリロを制して意気上がる友人たち

来年1月には決行しよう! などと盛り上がっています。

 

 

あの~、わたしは、ちょっと……トンガリロも歩かなかったし……

と、心の中で思っても、とても口に出せる雰囲気ではありません。

 

 

ひとり黙々とお菓子を口に運びます。

おいしいお菓子でした……。

 

 

        f:id:sneezycat:20170514194354j:plain

 

 

しかし、オークランドに戻って数日もすると

さすがに頭も冷えてくるのか

仕事の折り合い、資金的な問題、その他諸々で

そんなに急いで話は決められないという結論になったようで

 

 

とりあえず、来年早々のアベル・タスマンはなさそうです(ホッ)

 

 

でも、いつかは実現したいね、と笑顔で訊かれて

「うん」と言ってはみたものの

答えるまでに微妙な間があいたと、鋭い突っ込みを受けております。

 

 

ミルフォード・トラックであろうとアベル・タスマンであろうと

目的地まで一緒に行っても、わたしが歩くことになる可能性は

ほとんどゼロではないかと密かに思っていますが

それでも、日頃のウォーキングは続けて

万が一に備えておこうかなぁ、とちょっと思ったりもしています。