読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

列車でおでかけ

今日は長女とシティまでおでかけ。



シティは駐車がけっこう面倒なので、列車です。




相変わらずホームは閑散としていて、もう10分もすれば列車が来るはずなのに人の姿はなし。


   




セミの鳴き声をバックに八重桜が咲いている不思議な光景がオークランドの夏です。


   





列車の時刻は前もって調べてきましたが(ヘタをすると30分待ちになる!)一応、時刻表で間違いないかチェックしようと見てみると
時刻表の下のほうにクリスマスの運行予定のお知らせが


   




              おお!!              
              終日運休!!





さすがニュージーランドだなぁ。代替のバスもないそうです。





反対側にはクリスマスから年末年始にかけての運行予定のお知らせがありましたが
やはり、ほとんどは運休になる予定、と書いてありました。





クリスマスは家族や友だちと家で静かに楽しく過ごす日です。
レストランやスーパーもみんな休業だし
列車やバスの運転士さんだって、クリスマスはお休みしたいよね。





さて
意外にも定刻通り(!)に列車が来て
これまた意外にも満席(!)の列車に乗って、シティのブリトマート駅へ。





   普段、車でよく通る海沿いの道に沿って列車は進みます。

   



   






      終点ブリトマート駅は地下にあり
   なんだかSFの世界みたい、といつも思います。

   





ブリトマート駅のすぐ前から
シティリンクという赤いバスが出ていて
市内の中心部を回っているのですが
(今年いっぱいは無料、来年1月からは1回1ドルの有料になるらしい)





タイミングが悪く、駅舎を出たらバスが出発してしまった直後





10分くらいの間隔で出ているはずですが
待っているのも面倒な気がして、歩きます。





クリスマスが近づいて
なんとなく華やかな感じのするオークランドの目抜き通りクィーンストリートを
のんびり歩くのも楽しいものです。






          そして
        到着した目的地は

   


          オークランドアートギャラリー





特別展のピカソ展は終わってしまいましたが
前回、展示作品全部を見て回ることができなかったので




今回は長女といっしょにじっくりと見てきました。



来年にはドガ展が開催されるらしいので
そのときは娘ふたりといっしょにまた来ようとおもっています。