読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

My Old Lady

映画・読書

天気予報がはずれました。

 

 

わぁ~い

 

 

雨の予報だったのに、いい天気です。

勇んで朝から洗濯の残りをやっつけました。

全部済ませてしまいたかったのですが

友だちと10時からの映画を見る約束をしていたので

1回分の洗濯物が残ってしまいました。

明日もお天気がよさそうなので、残りはまた明日。

 

 

 

今日見た映画はイギリス映画の『My Old Lady』

 

 

                               f:id:sneezycat:20141221160636j:plain

 

 

ケヴィン・クライン、マギー・スミス、クリスティン・スコット・トーマスと

好きな役者さんの勢揃いで、期待度大

 

 

 

でも、実は前半は結構退屈でした。

 

 

 

 

疎遠だった父から相続したパリのアパートを売却すべく

フランスに渡ったアメリカ育ちのマルシアスは

ある老婦人が「死ぬまで住んでいい」という条件付きで

そのアパートに暮らしているのを知ります。

 

 

 

しかも、その部屋には結婚もせずに母親の面倒を見てきた

老婦人の娘クロエも同居していて

マルシアスを目の敵にします。

 

 

 

アルコール中毒で禁酒中、結婚に3度も失敗し

ほぼ無一文のマルシアスはどうしてもアパートを売り払って現金がほしい

老婦人の家具をこっそりアンティークショップに持ち込んだり

クロエが妻子ある男性と不倫しているのを知ると

それとなく脅かしてみたり、あの手この手

 

 

 

あ~、こういうの、よくあるパターンだよねー

マルシアスもクロエもやな奴だしなー、と

ちょっとがっかりしてスクリーンを眺めておりましたが

 

 

 

中盤、とんでもない事実が発覚して、俄然おもしろくなりました。

 

 

 

最後のあたりでは思わずじわ~と目頭が熱くなる展開

わたしの右側、4つ離れた席でひとりで鑑賞しておられたご婦人が

はでに鼻をすすっておられました。

 

 

 

マギー・スミスが演じた92歳の老婦人は

年をとっても威厳と気品を保った、でもけっこう狡いフランス女性でした。

 

 

 

すてきなお婆さんだったけど

でも、あの人がしたことは、わたしには許せないなぁ、と思いましたです。