読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

日焼け止めクリーム、皮膚癌、シミ取り治療 その1

NZの暮らし 美容・健康

 

話は突然9月初めに戻ります。

 

 

皮膚科の専門医のところに、皮膚がんの検査に行ってきました。

 

 

クリニックがあるのは

オークランドでも裕福層の白人が多く住む古くからのお金持ちエリア

先日、耳の掃除をしてもらったクリニックの近くです。

あのクリニックと同じように、

1920年代頃に建てられたバンガローと呼ばれるスタイルの

民家を改装して使っています。

 

 

             f:id:sneezycat:20150928114728j:plain

 

               ネットから借りてきたバンガローの写真

      クリニックもこんな感じの白い建物でした

 

 

正面玄関を入ると受け付けと待合室で

年齢が少し高めの白人のご婦人たちが10人近く座っていました。

 

 

皆さん、メラノーマの検査か治療だろうか

こんなにたくさんの人が皮膚がんを心配しているのか……

 

 

と思いながら、受け付けでもらった登録用紙に記入していきます。

 

 

おや、医療保険の加入の有無を訊いています。

ニュージーランドでは

日本のような、国や自治体が運営する健康保険はないので

医療保険と言えばすべて保険会社のもの

「加入している場合は保険会社の名前も記入するように」とあります。

ちなみに、JBが保険料がもったいないというので我が家は無保険

 

 

本当に皮膚癌ということになったら

保険料どころじゃない金額が出ていくはずですが

それだけの蓄えはあるそうなので

(これはJBの言葉を信じるしかないですが)

 

 

さて、診察をしてくれたのはDr Patelというインド人医師

にこやかな笑顔と滑らかな英語での流ちょうな話しぶりは

医者というよりも……セールスマン?

 

 

話をはしょります。

結論から言うと、わたしの黒い点はメラノーマではないそうです。

 

 

では何かというと、単なるシミ

顔中に広がるシミそばかすと同じものなのだそうな

あ~、よかったぁ、

と胸をなでおろしている間にもDr Patelの柔らかな声が続きます。

 

 

「で、私が勧める治療法としては……」

   え? やっぱり治療が必要なものなの?

「ビタミンA入りのクリームです」

   ビタミンA? ビタミンCではなく?

「このクリームは少~しずつ皮膚を削っていくもので……」

   皮膚を削る?

「クリームで効果が出ない場合は、ここに通っていただいて……」

   通院治療?

「レーザー光線で取るという方法もあります」

 

 

          レーザー治療?

 

 

このとき、わたしの頭の中に

待合室にいた数名の白人婦人たちの姿がフラッシュバック

 

 

あぁ、あのお金持風のご婦人方は、メラノーマの検査でも治療でもなく

レーザーのシミ取りに通っていたんだ……

 

 

後で知ったのですが

レーザーのシミ取り治療は医療保険の対象になるのだそうです。

が、保険会社によっては対象外扱いしているところもあるそうで

受け付けでもらった登録用紙の

「医療保険に加入しているか」、「どこの会社の保険か」という質問は

メラノーマの治療のためというよりは

シミ取り治療のためのだったらしい。

 

 

医療保険の保険料をケチるJBが

レーザーのシミ取り治療など認めるはずもないし

このまま放っておいたらまずいことが起こるのか、と訊いたら

「全然! 何の問題もなし」という答えだったので

レーザー治療はお断りして帰ってきました。

 

 

でも、ビタミンAのクリームというのはちょっと面白そうだったので

処方箋を書いてもらいました。

 

 

                                ReTrieveというクリーム

 

      f:id:sneezycat:20151003091823j:plain

 

 

主にオーストラリアとニュージーランドで使われているようです。

 

 

           トレチノイン0.05%配合

 

     f:id:sneezycat:20151003091824j:plain

 

 

             トレチノインって何ぞや?

 

 

で、ネットで調べたところ

トレチノインとは、ビタミンA(レチノール)誘導体で、生理活性はビタミンAの

50倍から100倍であり、さまざまな肌トラブルに有効な物質である……

 

 

ん~……???

 

 

このトレチノイン、

古い角質を剥がし、積極的に肌の再生を促す、のだそうです。

つまりは、レーザーと同様に、シミが出ている部分の皮膚を少しずつ削っていく

ということかな。

 

 

 

なので、塗ったあとに皮膚が赤くなったり、

ヒリヒリしたりという副作用もあるようで

Dr Patelも、使用法の説明で

「まず初めは週に1回だけ、少量を塗ってみて

違和感がなかったら、次は週に3回、5回と回数を増やして」

と言っていました。

 

 

慎重に使う必要がある薬のようですが

それでも、(値段も含めて)レーザーよりは気軽なことは確か。

 

 

子供のころから顔いっぱいに広がっているそばかすが

すっかり消えることはなくても、薄くなってくれたら

それはやっぱりうれしいかも。

 

 

まずは顔のあまり目立たないところにある

小さめのシミから試してみようかなと思っていたのですが

ちょっとした問題が発生してしまって

いまだに使っていません。

 

 

どんな問題なのかというと

少し長くなったので、また次回。