読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

トンガリロクロッシング顛末記 その2 ~わたしゃ、歩きませんって~

去年の後半、

風邪をひいたり、仕事が忙しかったりで

しばらくウォーキングを休んでいたら

 

 

いつの間にか、

年明けにトンガリロクロッシングに行く

という計画が出来上がっていました。

 

 

去年のボクシングデーに行ったトレッキングも

実はトンガリロ行きのための練習だったのでした。

 

 

トンガリロクロッシングというのは

ひじょうに乱暴にまとめてしまうと

ニュージーランド人にとっての富士登山のようなもの

 

 

ニュージーランドに住んでいるなら一度は経験しなくちゃ

という感じらしい

 

 

と言っても、山に登るのではなく、

トンガリロ国立公園にある3つの山

ルアペフ、ナウルホエ、トンガリロのうちの

ナウルホエの麓からぐる~と回ってトンガリロへ抜けるトレッキングコース

全長が19.4キロ、だいたい7~8時間かけて歩くコースです。

 

 

              ルアペフ

 

    f:id:sneezycat:20170422063058j:plain

 

 

 

              ナウルホエ

 

        f:id:sneezycat:20170423063310j:plain

 

 

         ナウルホエの隣の低い山がトンガリロ

 

    f:id:sneezycat:20170423063312j:plain

 

 

 

もとより

わたしには8時間も歩く気はさらさらありませんで。

 

 

トンガリロクロッシングに行くぞ

と言われたときは、即、お断りしたのですが

 

 

わたしの友人たちはいいやつばかりですが

結構しつこい。

 

 

え~?

なんで~? なんで~?

いっしょに行こうよ~

そのほうが楽しいよ~

 

 

と「一緒に行こう」攻撃の激しいこと

 

 

が、行く気満々だった友人のひとりが

お正月に腰を痛めたことで事態が変化し

 

 

わたしとその友人もみんなと一緒に行き

他の4人とは別行動で国立公園内の短いコースを歩く

ということに決定。

 

 

4人がスキーに行くような重装備でクロッシングにトライしている間

わたしともうひとりはタラナキ・フォールという滝へ向かう

2時間のトレッキングを楽しみました。

 

 

    f:id:sneezycat:20170423063309j:plain

 

 

 

          重装備で出発の友人たち

 

    f:id:sneezycat:20170423064250j:plain

 

 

 

           Tシャツ一枚のワタクシ

 

        f:id:sneezycat:20170423064544j:plain

 

 

当初は2月に決行の予定が、みんなの仕事の都合で4月にずれ込み

すでに秋の気配いっぱいのトンガリロ、

寒いぞ~、雪が降るかもしれないらしいぞ~、などと脅かされましたが

当日は抜けるような青空、風もほとんどなく、素晴らしいコンディションでした

 

 

そう、みんな、良い子だものね。