読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

アメリカ旅行記その6 〜買物天国〜

突然ですが、アメリカ旅行で買った品々




MOMA(ニューヨーク近代美術館)のギフトショップで買った
「The Starry Night」のフリッジ・マグネット





ゴッホの絵ではこれが一番好き
本物をこの目で見ることができたというだけでも
はるばるアメリカまで出かけていった甲斐があったというもの




同じくMOMAで買ったマグカップ





可愛い絵と形は気に入っているんだけど
黒いカップだと紅茶の色が分からないのが不満
マグカップの色はやっぱり白が一番かも




ニューヨークの本屋さんBarnes and Nobleオリジナルのブックバッグ





ちょっと重いけど、使い勝手がすごくいい
お店のロゴがもうちょっと控目だったらもっとよかったんだけど





ニューヨークの激安靴屋であまりの安さに衝動買いしたサンダル





履き心地抜群で、この夏は大活躍しました。




その他には
GAP、ZARA、H&M、アバクロ、フォーエバー21などの
ショップで買いこんだ洋服多数




ニュージーランドで売っている洋服は
数回洗濯するとヘロヘロになってしまう安物が多く
質のいいものを買おうとすると
何の変哲もない半袖のTシャツが70ドル近くしたりする。
円換算すると70ドルは5600円くらいだけど
ここで暮らす人間の感覚としては1万円に近い。





それに、上に書いたブランドのどれひとつもニュージーランドにはなく





そこそこの値段でまずまずの質の服が買えるアメリカは
わたし達(特に次女かな?)にとってはまさに買い物天国





最近
わたしの実家の近くの辻堂駅に
大きなショッピングモールができて
(GAPもZARAもH&Mも入っております、当然ながら)





去年日本に帰ったときは
次女などは毎日このモールに通ってもいいと思っていた節がありますが




ニューヨークやハリウッドは
この駅前モールがいくつもつながっているようなもので




あまりの選択肢の多さに
どれを選んでいいのか分からずに悩むという
ニュージーランドでは決して味わうことのできない
楽しいショッピング経験をさせてもらいました。




ニューヨークの美術館は素晴らしかったし
ロサンゼルスの遊園地も楽しかったけど




この買い物経験は
アメリカ旅行の楽しさの中でも大きな部分を占めているような気がします。