読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

請う、ご期待

陪審員の召喚状が来ました。

 

 

      f:id:sneezycat:20140415061902j:plain

 

 

 

ニュージーランドの国籍や永住権を持っている人たちは

誰でも陪審員を務める義務があります。

 

 

候補となる人が「無作為に」選出されて

召喚状を受け取るわけですが

 

 

この「無作為」というのがくせ者

 

 

わたしはニュージーランドの永住権を取って約12年ですが

今回はなんと5回目の召喚であります!!

(ちなみに「ニュージーランド人」のJBは過去に一度召喚されただけ)

 

 

こうなると「無作為」なんて言葉、信じられませんよね

絶対どこかで誰かの悪意が働いているような気がする……

 

 

正当な理由があれば免除してもらえるので

三回目までは免除を申請しましたが

四回目は「このまま断わり続けると

(誰かの悪意によって?)毎年のように召喚されるかもしれない」

と恐怖心(?)のようなものを感じ

召喚に応じて裁判所まで出かけて行きました。

(このときのことはこちらに詳しく書きました)

 

 

これでしばらくは大丈夫だろうと思ったのに。

 

 

しかも、今回は召喚された日は日本へ旅行中の予定

これはまた免除してもらうしかないと

理由を書いた手紙に航空券の写しを添えて提出しました。

 

 

それから1週間、裁判所から届いた手紙には

「免除の申請は受け取りました。

免除が妥当かどうか検討するために、免除申請の理由を書いた手紙

理由の正当性を証明する書類を添えて提出してください」

とあります。

 

 

 

    もう、それ、しましたけどぉ~。

 

 

 

しかし、こんなことは日常茶飯事のニュージーランドです。

大いに腹は立ちましたが

おとなしく、また同じ内容の手紙を、同じコピーを添えて提出しました。

 

 

そして日本へ出発する10日前になってやっと

「免除申請が認められた」というメールのお返事が。

やれやれ。

 

 

しか~し。

 

 

裁判所からのメールには

「8月にまた召喚状を送るから、今度は絶対来てね」

という「追伸」が

 

 

召喚されたからといって陪審員に選出されるとは限りません。

選出される確率はあまり高くないほうでしょう。

 

 

            でも!!

 

 

去年のクリスマスからこっち

「運の女神様」からすっかり嫌われてしまったようなわたしの身には

つまらん問題ごとが連日のように発生しています。

 

 

きっと8月には、高等裁判所の法廷で

さまざまな人種のニュージーランド人に混ざって

陪審員席に座っていることでしょう。

 

 

このブログで陪審員の仕事について詳しく報告できそうです。

(裁判の内容は守秘義務があるので書けませんが)

 

 

           請う、ご期待!