読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

ウィンターガーデンの菊まつり

NZの暮らし 外出・イベント

甥っ子たちに付き合って、

オークランド・ミュージアム(Auckland War Memorial Museum)に

行ってきました。

 

 

     f:id:sneezycat:20160510111929j:plain

 

 

博物館の前に、まずは同じ敷地内にある植物園、ウィンターガーデンへ

 

 

 

         f:id:sneezycat:20160510111926j:plain

 

 

ここの温室は植物が定期的に入れ替えられますが

今回は、なんとこんな感じになっていました。

 

 

     f:id:sneezycat:20160510111928j:plain

 

 

              菊

 

 

     f:id:sneezycat:20160510111923j:plain

 

                 菊

 

          f:id:sneezycat:20160510111925j:plain

 

                  菊

 

      f:id:sneezycat:20160510112231j:plain

 

                 菊

 

         f:id:sneezycat:20160510112230j:plain

 

               そして、菊

 

         f:id:sneezycat:20160510112229j:plain

 

 

          池にスイレンも一つ咲いていましたが……

 

 

     f:id:sneezycat:20160510112227j:plain

 

 

       温室内はさまざまな種類の菊でいっぱいで菊まつり状態

 

 

そう言えば、秋だものねぇ

日本でも、秋と言えば菊だもんねぇ

 

 

と思っていたのですが

 

 

菊は英語ではchrysanthemum(クリサンセマム)

こちらの花屋は「マム(mum)」と略したりします。

そして、イギリス英語で「お母さん」は「mam」ではなく「mum」

 

 

それで、

日本で母の日と言えばカーネーションですが

こちらでは母の日のプレゼントに菊のブーケがよく売れる

……というような話を、フローリストの知り合いから聞いたことがありましたっけ

 

 

そうか、秋だから菊というわけではなく

ウィンターガーデンの温室は「母の日仕様」になっていたのかも。

 

 

実はわたしは菊はあまり好きではなく

生け花の花材にもほとんど使わないのですが

 

 

温室内の色とりどりの菊の花たちの多様さにちょっとびっくり

可憐なもの、豪華なもの、可愛いもの……

少し菊を見直しました。