読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

ペテン師たち

私の日常 メイとハル

我が家とドライブウェイを共有する奥の家のオーナーが

赤ワインのボトルを持って我が家にやってきました。

 

 

あの家の持ち主はベンという青年で

数年前に仕事のために飼い猫のマックスを残して

オーストラリアに渡ってしまいました。

 

 

3部屋ある家は、一部屋ずつ3組の借家人を入れ

ベンの両親が大家として時々家の様子を見に来ていました。

そういうとき、我が家の車庫の前のスペースに駐車するのですが

わたしたちも、車の出し入れに支障がない限りは、

特に問題もないので黙認していました。

 

 

赤ワインはそのお礼でした。

(こういう気遣いのしかた、わたしも見習わねば)

 

 

当初、ベンの仕事は2年という話だったので

まだオーストラリアなの? と訊いてみると

今はロンドンにいて、ボストン出身の女性との婚約が調ったばかり

 

 

来年あたりは結婚してここに戻って来てくれると思うんだけど

 

 

とうれしそうな様子だったので

 

 

それはよかった。マックスもときどき淋しそうな様子のときもあるし

いつもお腹を空かしているみたいだし

 

 

と、気になっていたことを話してみると

 

 

あら、マックスはちゃんと食べてるはずよ

大きなエサの袋を毎月4袋も持ってきているし。

借家人たちもエサはきちんとやっていると思うけど

 

 

とのことで、

 

 

私たちはマックスをセールスマンと呼んでるのよ

 

 

え?

 

 

ほら、ちょっと「con artist(ペテン師)」みたいなところ、あるでしょ?

 

 

    f:id:sneezycat:20160823172627j:plain

 

 

              な~るほどぉ~

 

 

    f:id:sneezycat:20160823172239j:plain

 

         Max the Con Artist(ペテン師マックス)

 

 

そう言えば、我が家にもいましたね。

 

 

わたしが出したエサを電光石火の速さで平らげたあと

部屋から長女が出てくると、飛んで行って

「エサ~、エサ~、あたし、空腹で倒れそうなんですぅ」

とでもいうような鳴き声で騙そうとするヤツが。

 

 

その切羽詰まった鳴き声に、本当に空腹なのだと人間たちが思い込み

二重にエサを与えてしまったことも数知れず。

 

 

猫って、生まれながらのペテン師なのね?

 

 

     f:id:sneezycat:20160823172237j:plain