読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

Ida

映画・読書

友だちの誘いでポーランド映画の『Ida』(邦題『イーダ』)を観てきました。

 

 

             f:id:sneezycat:20140706191127j:plain

 

 

予備知識ゼロのわたしに友人が言うには

「すごく暗い映画だよ」だって。

 

 

きのうは冬のオークランドにはめずらしい晴天で

風もなく穏やかな日曜日

こういう日に「暗い映画ですか」とJBは皮肉たっぷりでしたが

 

 

 

それほど「暗い」映画ではありませんでしたよ。

モノクロでしたけど(それを友人は「暗い」と言ったわけではないでしょうが)

 

 

 

時代は1960年代

戦争中のユダヤ人迫害が(ユダヤ人とユダヤ人でない)人々の心に残した

とても深く大きな傷が、静かに描かれていました。

 

 

観終わった後にど~んと落ち込んでしまうようなつらい映画ではなく

ラストシーン、主人公が淡々と道を歩いていく姿の

でも、何かを吹っ切ったような、毅然とした表情が印象的でした。

 

 

 

登場人物も、セリフも少ないので

英語の字幕(ポーランド語の映画なので)を読むのがすごく楽でした。

 

 

 

なんて、そんなことで映画を評価しちゃ、いけません。

が、いい映画でした。