読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

ジャスティン・ビーバーか宝塚歌劇団か

次女が、背中まであった長い髪をバッサリと切りました。

 

 

           f:id:sneezycat:20140713134622j:plain

 

           切る前はこのくらいの長さ

 

 

 

本人が言うには、別に大きな動機はなく

単に手入れが面倒になっただけ

 

 

オタク度がかなり高い長女と違い、おしゃれやファッションにそれなりの興味を持つ

(つまりはごく普通の)ティーンである次女なので

長い髪をポニーテールに結うだけのヘアスタイルに飽きてきたらしい

 

 

どんな髪型にしたいのか、美容師さんに具体的に説明できるようにしておきなさい

と言っておいたら、ネットから写真を取り出してきました。

 

 

             f:id:sneezycat:20140714061243j:plain

 

 

 

え……ちょっと前のジャスティン・ビーバーみたい

少し長めで左右不揃いの前髪と、短く刈り込んだ後頭部のアンバランスがいいらしい

おばさん世代のわたしには理解が届かないヘアスタイルでしたが

本人がいいと言っているのだから、信じることにしましょう。

アッ、しまった! と思っても、文句無しということで。

 

 

で、でき上がりました。

 

 

 

                       f:id:sneezycat:20140723105810j:plain

 

 

悪くないです。

親バカ丸出しで言っちゃいますけど、宝塚の男役みたいで、凛々しいじゃないですか。

 

 

シャンプーも髪を乾かす手間も、ぐ~んと楽になるしー。

 

 

しかし、鏡の前で髪をいじる時間は長くなりそうだ……

 

 

ところで、美容師の友人が、切った次女の髪が十分に長いので寄付できるはずだと。

癌治療で髪がなくなってしまった女性のためのカツラ用に使用してもらうのです。

そこでゴムで結わいてもらってきました。

 

 

        

         f:id:sneezycat:20140714061244j:plain

 

 

 

帰宅してから寄付先をネットで探したのですが

どうもニュージーランド国内では髪の寄付を受け付けてくれるところがないらしい。

 

 

ひとつ見つけたのはアメリカのここでした。

 

 

アメリカまで送ることに問題はありませんが、

できるならニュージーランド内の人に使ってもらえれば、もっと嬉しい。

 

 

ニュージーランドで髪の寄付を受け付けている先を

ご存じの方があれば、教えていただけるとうれしいですのですが。