読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

The Red Turtle  と Sing Street

映画・読書

この間の日曜日に『Sing Street』を

その前の日曜日には『The Red Turtle』を

友人と観てきました。

 

 

7月はInternational Film Festivalが開催されることもあって

日曜日には友達と映画という週が続きましたが

これで、ちょっと一息かな。

 

 

ル・カレ原作の『Our Kind of Traitor』とか

ウッディ・アレンの『Café Society』とか

観たい映画はまだまだたくさんありますが

 

 

まずは『Sing Street』と『The Red Turtle』の感想など

 

 

『The Red Turtle』は実はちょっとよく分らなかった。

何がテーマなのかなぁ……?

家族の愛? 自然への畏敬の念?

島に残る決意をしたあの男性は、あれで幸せだったんだろうか?

 

 

             f:id:sneezycat:20160809080432j:plain

 

 

亀がひとりで(一匹で?)静かに海に帰る最後のシーンは

わたしには、すごく寂しくて悲しかったんですけど。

 

 

『Sing Street』は1980年代、不況真っただ中のダブリンが舞台

 

 

                             f:id:sneezycat:20160809080326j:plain

 

 

アイルランド英語ですよ~……

いや、参った。聞き取り、難しかったです。

セリフも聞き取れなかったし、

主人公たちのバンドの歌の歌詞も聞き取れなかったし

英語でいいから字幕付けてくれ~と心の中で叫んでいました……。

 

 

でも、素敵な映画でした。

主人公コナーのラフィーナへの想いとか

両親の口論が聞こえてしまう子供たちの気持ちとか

こういうのは、セリフがよく分からなくてもずんずん響いてきますもの。

 

 

個人的にはウサギ飼ってる主人公の友達が好きでしたね。

最終的にコナーの背中を押すのはお兄ちゃんでしたが

彼の「Why don’t you take her to London?」の一言

大きかったと思いません?

 

 

劇中のバンド、Sing Streetの歌は

(歌詞がよく分らなくても)いい曲ばかりでした。

『Up』が好きかな。