読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

今年のクリスマス その3 白と黒

近所のショッピングセンターに出かけたら

入り口を抜けてすぐに目に入ったのが

天井からぶら下がっているこれ

 

 

       f:id:sneezycat:20161211133048j:plain

 

 

             白と黒……?

 

 

    f:id:sneezycat:20161211133049j:plain

 

 

まず思ったのが、お葬式

ニュージーランドの有名人が誰か亡くなったのか?

 

 

ところが

 

 

        f:id:sneezycat:20161211133044j:plain

 

 

              クリスマスツリー

 

 

そして、極め付け

 

        f:id:sneezycat:20161211133050j:plain

 

 

       この椅子に座ったサンタクロースに子供たちが

       プレゼントに欲しいものを伝えるのですが……

 

 

クリスマスカラーと言えば

赤や緑や金などの、明るくて華やかな感じの色のはずですが

ここ数年は

真っ白なクリスマスツリーに青や紫で統一したオーナメント

といった「落ち着いた」色合いの飾りつけが

特に高級品を扱うショップなどで目立つようになりました。

 

 

そしてついに白と黒

 

 

そう言えば、誕生日の友人にプレゼントするブーケを花屋に注文したら

「リボンはピンクもいいけど、白と黒のほうがおしゃれよ」

と勧められたことがありましたっけ。

 

 

日本で生まれて育ったわたしにとって

白と黒の組み合わせは弔事以外の何物でもない。

 

 

ニュージーランド人との感覚の違いではあるけれど

クリスマスを白と黒でお祝いしようというセンスは

理解できないし、ちょっと許せないかも、と密かに思ってしまう。

 

 

だって

家族や友人が集まって過ごすクリスマスは

ワクワクと心が浮き立つ、楽しいもの。

華やかでにぎやかでなくちゃあ。

 

 

白と黒の飾りつけじゃあ

お祝い気分にはなれませんって。