読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ふたりの娘。二匹のメス猫。そして発達障害気味の夫。帆の街での「ごく普通の家族」のごく普通の一日はきょうもボチボチと暮れていきます。

鬼があきれ返る

料理・外食

先日長女とランチを食べたMeadowというカフェの

ケールとセロリとパセリのジュースが非常においしかったので

 

 

        f:id:sneezycat:20160911111807j:plain

 

 

先週の日曜日

「1週遅れの父の日」と称して家族をランチに連れ出しました。

(ニュージーランドの父の日は日本と違って9月の第一日曜日)

 

 

わたしのサラダ

 

 

    f:id:sneezycat:20160911111646j:plain

 

 

    プルドラム+ハマス+フェタが山盛りの上にピタが2枚添えられて

         とても食べきれず、半分はJBのお腹の中

 

 

出かけるぎりぎりまで寝ていて朝ごはん抜きだった長女は

朝ごはんメニューのワッフル

 

 

    f:id:sneezycat:20160911111651j:plain

 

   添えられていたのが「メープルシロップ・みそバター」とやらで

     塩キャラメルのような不思議なおいしさだったとか

 

 

クマラ(さつまいも)とポテトがゴロゴロ入った次女のチキンサラダ

 

 

    f:id:sneezycat:20160911111649j:plain

 

 

JBはビーフバーガー

男の人って、なんでみんなハンバーガーが好きなんでしょうね

 

 

    f:id:sneezycat:20160911111647j:plain

 

 

値段が高い

(そりゃ、中華料理店と比べたらね)

音楽がかかっている

(そりゃ、カフェにBGMは必須でしょう)

という理由で、JBはカフェを毛嫌いしていますが

 

 

ここのカフェは天井まで透明のガラス(プラスティックかな?)で

店全体が、キッチンとバーエリアをのぞいてすべて屋外のような作り

爽やかに晴れた日だったので、奥の庭に続く仕切りもはずしてあって

さほど広い店ではないのに、とても開放的な感じ

 

 

 

    f:id:sneezycat:20160911111652j:plain

 

 

 

お蔭でJBも、店内にかかっていた音楽があまり気にならなかった様子

料理もおいしかったし、JB、とってもご機嫌で

(代金はわたしと娘二人が支払うことになっていたし)

 

 

またここに食事に来るぞ!

 

 

と宣言。

 

 

こんなことは滅多になく

さらに、家に戻る頃にはJBがすっかり忘れているということも十分考えられるので

このチャンスを逃してはならじと、では来週、また来ましょう、と踏み込んだら。

 

 

それはないな。来年、来年。

 

 

との返事。

 

 

来年って……、まだ9月なんですけど。

 

 

鬼が笑うどころか、あきれ返ってひっくり返りますわ。